Archives

  • [—]2019 (406)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第19戦富士決勝 坪井翔が12連勝で今季17勝目を飾り有終の美

 全日本F3選手権第19最終戦はFIA WEC第4戦「富士6時間耐久レース」で決勝レースを行い、ポールポジションからスタートした坪井翔(カローラ中京Kuo TOM'S F317)が15周・27分6秒476で優勝、有終の美を飾った。

15周のレースがスタートした。スタート直後のダンロップコーナー

レース序盤、坪井翔と笹原右京の2位争い

ダンロップコーナーで宮田莉朋をパスしてトップに立った坪井翔

優勝は坪井翔(カローラ中京Kuo TOM'S F317)

決勝2位は笹原右京(THREEBOND)

決勝3位は宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)

Nクラスで優勝したジェイク・パーソンズ(NODAレーシング)

優勝した坪井翔(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)

表彰式

 いよいよこのレースで今シーズンの全日本F3も最終第19戦となった。フォーメーションラップの始まる午前9時5分には、夜半から降り続いた雨も上がったが、路面はウェット。気温13度、路面温度15度と肌寒い中、1周を回って全車グリッドに付いた。

 スタートでは「情けなかった」というポールポジションの坪井翔(カローラ中京Kuo TOM'S F317)が出遅れ、1コーナーでインから並びかけた予選2位の宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)がトップを奪う。坪井は予選3位の笹原右京(THREEBOND)を背後に従え、最終セクションでドッグファイト。笹原は坪井に並びかけるも坪井がこれを退け、オープニンググラップでは宮田、坪井、笹原の順で戻ってきた。

 その後方では、ダンロップ立ち上がりで予選4位の片山義章(YTB F318)と予選6位の金丸悠(B-MAX RACING F3)が接触。片山はその場でリタイアし、金丸はピットに戻った。

 2位の坪井はここから2秒弱あった宮田との差を詰め始める。5周目には0秒5差まで迫り、6周目のダンロップコーナーでインから宮田をパス、トップに立った。宮田は7周目の1コーナーでもインから笹原にパスされ3位に落ちた。

 トップに立った坪井はそのまま笹原を引き離し15周を走って優勝、今季17勝目を飾った。笹原は2位に、宮田は3位に入った。

 4位でレースを始めた阪口晴南(TODA FIGHTEX)は2周目にはチームメートの大湯都史樹(TODA FIGHTEX)に1コーナでパスされると、8周目には河野駿佑(HubAuto F318)にもパスされ、4位・大湯、5位・河野、6位・阪口の順でコールした。

 Nクラスは予選総合14位のジェイク・パーソンズ(NODAレーシング)が総合12位で完走。クラス優勝を飾った。

 このレースで今シーズンの全日本F3は全戦終了。坪井はシリーズ新記録の12連勝、年間最多勝17勝を達成。チームトムスも全戦優勝とシリーズを無双し、記録ずくめのシーズンとなった。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース