Archives

  • [—]2019 (406)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第19戦富士決勝記者会見 優勝・坪井翔「スタートは情けなかったです」

優勝 坪井翔(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見:  優勝した坪井翔(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S) 「ウェットでどうなるかと思っていましたが、スタートは情けなかったです。笹原選手が速くて追い抜かれそうでしたが、なんとか押さえられました。ウェットは得意なのでペースも良くチャンスはあると思い、プッシュしてダンロップコーナーで宮田選手を抜くことができました」
2位 笹原右京(ThreeBond Racing)
決勝記者会見: 2位の笹原右京(ThreeBond Racing) 「昨日はリタイアしてしまいましたが今日はウェットなので優勝のチャンスはあるかと思っていました。ラインを変えて坪井選手を抜こうと思っていましたが、タイヤのトラクションがなくなって厳しかったです。でも今日は純粋に楽しいレースでした。中身の濃い1年を過ごせたと思います」
3位 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 3位の宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S) 「WEC併催でウォームアップがなくフォーメーションラップでタイヤを暖めるのが大変でした。スタートから最初の5周はペースが良かったんですが、雨は苦手でタイヤのグリップが落ちてからのアジャストが難しかったです。グリップダウンしてからの走りが今後の課題ですね」
Nクラス優勝 ジェイク・パーソンズ(NODA RACING)
決勝記者会見: Nクラス優勝のジェイク・パーソンズ(NODA RACING) 「レースには満足しています。スタートしてからCクラスのマシンに付いていけるように頑張りました。コンスタントに走れたと思います。チームにも誇りを持っていますし、成長できた1年だったと思います」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース