Archives

  • [—]2019 (406)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第18戦決勝富士記者会見 優勝・坪井翔「1コーナーを回って後ろを見たら誰もいませんでした」

優勝 坪井翔(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 優勝・坪井翔(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S) 「予選は路面温度が低かったのでレコードが出るかと思っていましたが、赤旗でリズムを崩してしまいました。ポールポジションを取れ、決勝は有利でしたが富士は抜けるので心配していました。1コーナーを回って後ろに宮田選手が着いていると思っていましたが、バックミラーを見たら誰もいませんでした」
2位 阪口晴南(TODA RACING)
決勝記者会見: 2位・阪口晴南(TODA RACING) 「スタートでアクシデントがあって上に上がれました。今年の中では一番いいレースだったと思います。前を走っていた大湯選手とはマシンは同じですが違いもあるので、抜ける自信はありました。戸田の2人で表彰台に立てれば良かったんですが、明日は2人で表彰台に上がって、いい忘年会をしたいですね」
3位 河野駿佑(RS FINE)
決勝記者会見: 3位・河野駿佑(RS FINE) 「チームもぼくも1年目でドライビングもマシンも完璧でなく、予選は9位でした。でもそれが良くてアクシデントに巻き込まれずに、表彰台に立ててうれしいです。決勝のペースは良くて、大湯選手もタイヤが厳しそうだったので抜けると思っていました」
Nクラス優勝 ジェイク・パーソンズ(NODA RACING)
決勝記者会見: Nクラス優勝・ジェイク・パーソンズ(NODA RACING) 「ハッピーです。予選の問題をチームと改善してレースに臨みました。序盤からポジションを維持し前の集団に付いていけるようにしていました。残り3周で燃料系のトラブルがあってピットインしましたが、完走できて良かったです」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース