Archives

  • [—]2019 (176)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第11戦もてぎ決勝記者会見 3位・金丸悠「笹原選手は来ると思っていました」

優勝 坪井翔(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 坪井翔(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S) 「ポールからスタートが決まれば勝てると思っていました。いいスタートではなかったですがトップは守れました。序盤はペースが悪くて苦しかったですが、もてぎは抜きどころがないんです。ファステストを取れて良かったです。次の第12戦もミスしなければ勝てると思います」
2位 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S) 「スタートは意識しましたがだめでした。ファステストを取ることしか考えていませんでした。坪井選手は序盤のペースが悪かったですが近づくとダウンフォースが抜けるのでパスできませんでしたね。いいレースではありませんでした。次のレースはニュータイヤですし、最低限ファステストは取りたいと思います」
3位 金丸悠(B-MAX RACING F3)
決勝記者会見: 金丸悠(B-MAX RACING TEAM) 「昨日は3位スタートで4位に落ちてしまいました。スタートを決めれば表彰台は立てると思っていました。レースペースは悪かったですが昨日の方が厳しかったです。ようやくF3に慣れてきましたが、慣れるのが遅すぎますね。最終ラップは笹原選手は来ると思っていました。90度コーナーでインに入られましたが、落ち着いていてクロスラインを取り前に出ました。これからは上の2台を食っていけるようにしたいです」
Nクラス優勝 ジェイク・パーソンズ(NODA RACING)
決勝記者会見: ジェイク・パーソンズ(NODA RACING) 「昨日と同じようなレースでしたが、ペースは昨日より良かったです。1台のクルマをパスすることができいい争いができました。タイトルはうれしいですが、まだまだインプルーブして、将来のステップにしたいです。」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース