Archives

  • [—]2019 (254)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4西日本シリーズ

F4:第5戦岡山決勝 久保宣夫が岡本大地を押さえて2連勝

 暦の上では秋、だが相変わらず暑さは衰えない。強い日差しの中、JAF F4西日本シリーズ第5戦が開催された。前日に行われた予選のセカンドタイム順でグリッドが決まるのだが、第4戦と同じ順番での位置づけとなった。ただ、昨日ピットスタートの #70岡本大地はマシン初のグリッドスタートからとなる。ポールの #77久保宣夫にどれだけ喰い付いていけるのか注目が集まる一戦だ。

 迎えた決勝は、好スタートの #77久保がひと足先に1コーナーを周っていく。 #70岡本は久保の背後にピタリと迫り、オープニングから早くも接近戦となった。両者はほぼ同ラップで走行していく。インフィールドで近づく #70岡本に対し、ストレートで速さを見せる #77久保、周回毎に同じような展開が繰り広げられた。

 終盤ではタイヤスモークを上げ果敢に迫る #70岡本だったが、絶対に隙を見せない #77久保。ワンミスが命取りのバトルはファイナルラップまでもつれこんだ。短いようで長い15周は、一度もトップを譲らず完璧な走りを見せた #77久保に軍配が上がり、0.499秒後に #70岡本が2位チェッカーを受けた。終始、両者の差は1秒以内という大接戦である。3位は第4戦も表彰台ゲットの #7山岸洋之が入り、#33中島功、#8米谷浩と続いた。

優勝 #77 久保宣夫(オートセレクトジャパン☆MYST☆制動屋)
「昨日と同じように好スタートを切ることが出来ました。やはり岡本君が来ましたが、終始自分のペースを守れたんで、何とか優勝できました。各々の早いとこ遅いとこに気づくことが出来たことで落ち着いて走れましたね。もう少しラップを上げたかったけど、ミスするかもと思うと、無理せずにいきました。いや~この状態で15周はきつかったですねえ。まだ終わらないのか、とね(笑)」
2位 #70 岡本大地(サマーフェスJSSスカラシップ)
「このマシンで初めてグリッドからスタートを切りました。結果、可もなく不可もなく普通のスタートで、久保さんに先行かれちゃいましたが。なかなか抜きどころ無くて、久保さんのミス待ちしてました(苦笑) でもさすがそうはならなかったですね」
Text: Akiko SONODA
Photo: Koji IKEDA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース