Archives

  • [—]2021 (257)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第6戦鈴鹿公式予選ポールシッターのコメント 「チームに加入して4年越しの初ポール、明日のレースが楽しみです」(佐々木大樹)

GT500クラス #24フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R

佐々木大樹
gt-rd6-q-pc-sasaki 練習走行では雨が残っていたので二人とも思うような走り込みができませんでしたが、チームが用意してきてくれたクルマやヨコハマタイヤさんが持ち込んでくれたタイヤが機能してくれたので予選には自信がありました。Q2ではJPさんがパーフェクトなアタックをしてくれました。チームに加入して4年越しの初めてのポールポジションなので、明日のレースが楽しみです。本当にJPさんやチーム、ヨコハマタイヤさんに感謝しています。
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
gt-rd6-q-pc-oliveira フリープラクティスでは予想していた天候とは違い、路面がウェットコンディションから変化していったので満足に走れませんでしたが、セッション後半に向けてクルマとタイヤのセッティングをうまく合わせることができました。予選Q1ではプレッシャーの中でダイキがトップ8に入ってくれましたし、Q2ではクリーンラップが取れて、クルマも完璧だったので、ポールポジションを獲得することができました。

GT300クラス #25VivaC 86 MC

松井孝允
gt-rd6-q-pc-matsui フリー走行から予選にかけて、乗りづらかったクルマを乗りやすくしてくれた武士さんに感謝しています。予選Q1はギリギリ通過できましたが自分のアタックはシケインで止まりきれず、大失敗でした。Q2で山下選手が頑張ってくれてポールポジションを取れましたが、自分自身には低い点数しかつけられません。ちゃんと反省して明日はチームに貢献できるようにしたいです。最後の鈴鹿1000kmなので、きっちり勝って終われるように。またここ(会見場)に戻ってこられるように頑張ります。
山下健太
gt-rd6-q-pc-yamashita 練習の時のバランスが良くなかったのを、松井選手と近藤選手と武士さんで協力してセットしてもらったので、Q2はすごくいいバランスになり、気持ちよくアタックができました。本当にチームに感謝です。ポールを取れるとは思っていなかったけど、戻ってみたら一番でした。鈴鹿1000kmには過去2回参加していますが、いい思い出がないので、明日はいいイメージで終われるように頑張ります。
近藤翼
gt-rd6-q-pc-kondo 僕は今日は見守るという感じでした。明日の決勝ではしっかりサポートしたいです。鈴鹿1000kmには初参加ですが、光栄な場所に参加できて嬉しいです。
Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース