Archives

  • [—]2021 (16)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

FS125西地域

FS125W:第1戦琵琶湖 塩津佑介(ATEAM Buzz motorsport)が優勝

 2017年全日本カート選手権FS125部門西地域の第1戦が3月26日、琵琶湖スポーツランド(滋賀県)にて行われ、塩津佑介(ATEAM Buzz motorsport)が優勝した。

 2017年の全日本カート選手権は、OK部門とFS125部門の2つの部門で構成されている。OK部門は国際カート委員会(CIK-FIA)のカテゴリー改定にならい、昨年までのKF部門よりOK部門へと変更されたダイレクトドライブカート(変速装置がないカート)の最高峰カテゴリーで、カートはもちろんのこと、エンジンやタイヤを複数のメーカーから選択することができる。年間10戦(1大会2レース制)でチャンピオンを決定する。FS125部門はOK部門と異なり日本独自のカテゴリーで、ローコスト化とイコールコンディション化を目的とし、タイヤとエンジンはワンメイクとなっている。東地域と西地域の2つに分かれてそれぞれ5戦を戦った後に東西統一競技会が行われ、年間6戦にてチャンピオンを決定する。

 新レギュレーションの導入や、ジュニア選手権や地方選手権からステップアップしたドライバー達が加わった新たなる顔ぶれに、どのようなレースが繰り広げられるのか注目が集まる中、開幕戦のポールポジションを獲得したのは昨シーズン神戸スポーツサーキットにて全日本初優勝を飾った塩津で、2番手には山田杯利(TEAM EMATY)がつけた。両名とも昨シーズンからの継続参戦ではあるが、心機一転チームを移籍しての挑戦となる。

 ウエットコンディションでのレースとなった決勝ヒート、スタートより塩津と山田が激しいバトルを展開するが、数周のうちにバトルを制した山田は一気に塩津を突き放し独走状態へと入る。一方で塩津には、5番手スタートより順位を上げてきた平良響(スクーデリア沖縄)が襲いかかる。ファイナルラップまで手に汗握る接近戦を演じた2台だったが、順位は入れ替わることなく、山田、塩津、平良の順位でチェッカーを迎えた。

 全日本FS125部門参戦2年目にして初優勝かに思われた山田だったが、チェッカー後にフロントフェアリングが正しい状態でなかったため10秒加算のペナルティーを受けてしまう。今シーズンよりフロントフェアリング取り付けに関する規則が新たに新設されたことで、今大会では山田を含む9台もの車両が当該ペナルティーを受ける事態となった。ペナルティーによって山田は4位に順位を落とし、優勝は塩津、2位に平良、3位に大木一輝(TEAM KEIN)という結果になった。

 次の全日本カート選手権は、4月23日スポーツランドSUGO西コースにてOK部門とFS125部門東地域が開催される。

Download (PDF, 442KB)

Text: Hideshi KIKUYAMA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース