Archives

  • [—]2021 (114)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第12戦鈴鹿決勝 レース巧者の#1宮田がしてやったりの3勝目!

fiaf4-rd12-r-start

fiaf4-rd12-r-5vs8

fiaf4-rd12-r-6vs1

fiaf4-rd12-r-1

fiaf4-rd12-r-6

fiaf4-rd12-r-8

fiaf4-rd12-r-1-win

fiaf4-rd12-r-winner

fiaf4-rd12-r-podium

#1宮田莉朋してやったりの3勝目!

FIA-F4選手権第12戦の決勝が8月27日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、予選4番手から見事なオーバーテイクを連発した#1宮田莉朋(FTRSスカラシップF4)が今季3勝目を挙げて#6笹原右京(HFDP/SRS/コチラレーシング)とのポイント差を13にまで縮めた。

この日の鈴鹿サーキットは早朝から好天に恵まれ、数多くの観客がゲートオープン前から詰め掛ける中、第12戦決勝は午前8時5分より10周で行われた。

スタートではポールポジションの#8角田裕毅(SRS/コチラレーシング)にチームメイトの笹原と#5大湯都史樹(HFDP/SRS/コチラレーシング)が一気に襲いかかり、笹原がトップ、大湯が2位に浮上する。角田は3位に後退して1コーナーを通過、さらにダンロップコーナーの立ち上がりでも痛恨のミスを犯し、宮田の先行をも許してしまった。

序盤からトップに立った笹原だったが、実は前日の第11戦決勝から原因不明のトラブルに悩まされており、コース上に留まるだけでも精一杯の状況だったという。2位の大湯もまた万全のコンディションとはいえず、なかなかペースを上げることができない。

これに対し、宮田は6周目の1コーナーでアウトから大湯を抜き去って2位に浮上すると、7周目にはファステストラップを記録する走りで一気に笹原との差を詰めていく。そして9周目のシケインで笹原のミスを誘ってホームストレートで並びかけ、1コーナーでアウトから抜き去ってトップに浮上、そのまま一気に笹原を突き放して今季3勝目を挙げた。笹原は悔しい2位に終わり、3位には9周目の1コーナーで大湯を抜き返した角田がつけた。

これにより、富士大会終了時点で26ポイントあった笹原のリードは13に縮まり、シリーズチャンピオンの行方はわからなくなって来た。

2017シーズン最終戦はツインリンクもてぎにて11月11-12日に行われる。

第12戦優勝 #1宮田莉朋(FTRSスカラシップF4)
fiaf4-rd12-r-miyata 4番手スタートだったので最低限表彰台を、という状況でしたが、スタートで順位を上げられませんでした。4番手で1コーナーを迎えましたが、路面状況が昨日より良くないことが確認できたのでS字でしっかりミスせずに追いついていければ、と思っていたらたまたま角田選手がミスをしたので抜くことができたし、今週ずっと速かった角田選手を1周目に抜けたっていうのが優勝につながったのかなと思います。セクター3、4が速かったので、セクター1で変に食らいついてダウンフォースが抜けたりしないように、距離を離してセクター3で追いつこうということをずっとやっていたら、最後の最後で逆転できるように合わせられたのが本当に良かったと思います。
第12戦2位 #6笹原右京(HFDP/SRS/コチラレーシング)
fiaf4-rd12-r-sasahara いいスタートを切ってトップに立てるとこまでは自分で展開をうまく持っていけたので、良い流れでした。昨日からトラブルを抱えていて、それを修正しながら走っていましたが、後ろが徐々に離れて来たので、そこまでは自分に有利な展開でした。ただもうコース上に留まるだけでも大変な状況で、とにかくミスなく走っていたんですけど、残念ながら宮田選手が大湯選手をオーバーテイクしてからペースをどんどん上げて来て、一気に追いつかれてしまい、最終ラップの1コーナーでかわされてしまったので、チームとしてもドライバーとしても悔しい形で終わってしまったのは間違いありません。次に向けて何をしなくちゃいけないかは明白だと思うので、また前を向いてやれることをやっていきます。
第12戦3位 #8角田裕毅(SRS/コチラレーシング)
fiaf4-rd12-r-tsunoda スタートがあまり良くなくて。それがなければ少なくとも3位じゃなかった。そのあとのペースも良かったし。ダンロップで自分がミスして宮田選手に抜かれてしまいましたが、宮田選手に抜かれてなかったらまた結果も違っていると思うので、今はただ反省しかありません。次の大会で前の二人がこけてくれないとチャンピオンはないと思いますが、関係ないとしても勝ちにこだわって、次こそ2連勝できるように頑張りたいです。
Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum
Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース