Archives

  • [—]2020 (161)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第9戦富士決勝 マーデンボロー独走で今季2勝目!! Nクラスはスポット参戦の#25松井が優勝

f3-rd9-r-22vs36

f3-rd9-r-23vs2

f3-rd9-r-10

f3-rd9-r-sc

f3-rd9-r-22

f3-rd9-r-37

f3-rd9-r-12

f3-rd9-r-25

f3-rd9-r-78

f3-rd9-r-winner

f3-rd9-r-podium-n

f3-rd9-r-podium-winner

f3-rd9-r-podium

マーデンボロー独走!!
全日本F3選手権第9戦の決勝が7月16日、静岡県の富士スピードウェイで行われ、ポールポジションからスタートした#22ヤン・マーデンボロー(B-MAX NDDP F3)が終始危なげない走りで15周を走りきり、第6戦岡山に続いて今季2勝目を挙げた。
Nクラスはスポット参戦の#25松井孝允(サムライサポーターズF306)がスタートでの失敗を見事に取り返して勝利をものにした。

第9戦決勝は午後4時15分スタート。
Cクラスの#28山口大陸を除く全車がスリックタイヤを装着してのレースとなった。

ポールシッターのマーデンボローがトップで1コーナーに飛び込む一方で、セカンドグリッドの#23千代勝正(B-MAX NDDP)は出遅れて#36山下健太(トムス)、#12牧野任祐(戸田)の先行を許す。

1周目こそ山下の追撃にさらされたマーデンボローだったが、2周目に入ると次第に後続を引き離し始めた。
しかし8周目。1コーナーでNクラスの#30DRAGONと#9廣田築が接触、そのままコース脇にストップしたため、この2台を回収するためにセーフティーカーが導入され、マーデンボローのリードは失われてしまう。

SCランは11周目まで続き、12周目からリスタート。
ここでマーデンボローは周回遅れの#28山口を盾に使い、一気にリードを取り戻す。
一方山下は1コーナーで牧野にアウトからパスされると、13周目にはチームメイトの#37坪井翔、スタートで出遅れた#23千代にも抜き去られ、みるみる順位を落としていった。

結局マーデンボローはそのまま最後までトップを明け渡すことなく15周を走りきり、今季2勝目を上げるとともに、シリーズポイントでもトータル64ptとし、6位に終わった山下に並ぶことになった。

Nクラスは、ポールの松井、2番手の片山義章らが前を走るCクラスのスピンアウトに巻き込まれる格好で順位を落とす中、予選3番手の#10岡崎善衛が序盤トップに立つ。
しかしそこから松井は片山とドッグファイトを繰り広げながら岡崎を追い上げ、12周目のリスタート直後にトップを奪い返すと、そのままCクラスにも迫るハイペースで後続を突き放し、見事初戦を制してみせた。
2位は片山。
しかし#10岡崎は11周目にリタイヤ、アレックス・ヤンはSC中にピットインしてしまい、足止めを食らった結果4周遅れでチェッカーを受けることになり、ともに完走扱いとならなかったため、3位不在という珍しい結果に終わった。

全日本F3選手権第10戦の決勝は明日午前10時より21周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース