Archives

  • [—]2019 (407)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第7戦鈴鹿決勝会見 「最初の1~2周で抜けるように、オーバー目のセッティングで挑みました」(#21高星明誠)

優勝 #21高星明誠(B-MAX NDDP F3)
f3-rd7-r-pc-takaboshi 昨日から調子が良くなくて、トムスの2台に遅れている部分があったので、予選ではセッティングを変更したんですが、昨日以上に離されてしまいました。
でもレースはまた別の話で、スタートで抜ければポジションキープできると思ったので、1〜2周めに抜けるようにオーバー目のセットにして挑みました。
その甲斐あって2周めに坪井選手を抜いて3位に上がることができ、ラッキーもあって2位にも上がれて嬉しく思います。
今回2大会乗せていただくということで、フォーミュラに乗れるチャンスが嬉しかったので、それを生かしたかったんですけど、岡山はああいう結果に終わってしまいました。今回それを踏まえてここにきて、今日はスタートポジションより上に上がることができました。明日も同じようにいけると思うので、今日以上にポジションを上げていきたいと思います。
2位 #37坪井翔(ZENT TOM’S F314)
f3-rd7-r-pc-tsuboi 今までずっとスタートを失敗していたので、そこを克服したいと思っていました。予選結果が2番手だったので、スタートで前に出られれば勝てると思い、集中して臨みました。
スタートが決まって1コーナーでトップに並んだんですけど、アウトからかぶせられてしまって抜ききることができず、そこから追いついていこうと思いましたが追いつけず、逆に後ろから抜かれてしまって4位に落ちてしまい、その後もペースを上げられませんでした。
決勝に関してはラッキーがあって3位でしたけど、実質4位だったのかなと思います。
昨日の午後はB-MAX勢の方が速かったので、予選は(僕らの方が)速かったけど午後は絶対(B-MAX勢が)くるな、と思っていました。その予想通りきたんですけど、結構あっけなく行かれてしまったのが残念でした。
明日も気温、路温が高いと思うので、そこにアジャストして挑戦していきたいと思います。
(このレース後にトップでフィニッシュした#22ヤン・マーデンボローに40秒加算の裁定が下ったため、正式結果では#21高星明誠が優勝、#37坪井翔は2位、マーデンボローは10位となった)
Nクラス優勝 #9廣田築(アルビレックスF306 TLM)
f3-rd7-r-pc-hirota 今日はスタートもまずまずで、ポジションをキープできて、落ち着いて走れていたので、周りの混乱にも巻き込まれず、しっかりと自分の走りができました。
まずチームの皆さんに感謝したいと思います。クルマも第4大会を迎えてようやく自分の思うような状態に仕上がってきたので、これからも優勝争いができるよう頑張っていきたいです。
Nクラス2位 #30DRAGON(B-MAX)
f3-rd7-r-pc-dragon スタートで行き場所がなくなっちゃってアウト側に逃げたんですけど、それがまずくてかなりポジションを落としてしまいました。それが全てだったなと思います。
前が凄く競っていて、間隔も凄く近かったので、やりあってるうちはペースも上がらないし、序盤くっついていけばチャンスはあるだろうと思っていました。2コーナーで片山選手が飛び出したので、ポジションを上げられましたが、そこから先はなかなかチャンスがなくて、10号車を抜くのに時間がかかってしまい、トップに迫れませんでした。
(クルマを変更してきたが)今回の決勝中にだいぶフィーリングを掴めたので、スピードでは負けてないと思いますし、明日は目一杯プッシュします。
Nクラス3位 #5アレックス・ヤン(Hanashima Racing F306)
f3-rd7-r-pc-yan 今日はスタートがうまくいかず、同じクラスの2台と接触してタイムを大きくロスしてしまいましたが、前の選手がやりあっていたので距離を縮めることができました。
鈴鹿はとても好きなサーキットなので、ここで表彰台に上がれて嬉しいです。
明日はスタートを失敗しないように頑張ります
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース