Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第4戦オートポリス BRP★J‘S RACINGフィット、2年連続でST-5クラスのチャンピオン決定!! (J'S RACING)

js-rd4_081


js-rd4_001
  • ●ゼッケン:69
  • 車名:BRP★J‘S RACINGフィット
  • ドライバー:大野尊久/梅本淳一
  • 予選2位/決勝1位
  • ●ゼッケン:19
  • 車名:BRP★J‘S RACINGフィット
  • ドライバー:古宮正信/奥村浩一/新垣元
  • 予選3位/決勝2位

 迎えた第4戦は、ライバルチームの結果次第でチャンピオン決定。少なくともシリーズチャンピオンに王手が掛けられる重要なレースとなります。今回はCドライバーを登録せず、梅本選手、大野選手の二人で3時間を戦います。オートポリスは全チーム走行経験が少ないサーキットなのでドライバー、チーム全ての底力が試されるサーキット。シリーズチャンピオンを掛けた勝負に挑みます。

大野選手のレポート

■木曜・金曜 練習走行

js-rd4_002  ここまでリタイアする事無く確実に完走し、ポイントリーダーとして迎えた第4戦。 今回は梅本選手と私と二人でオートポリス戦を戦う事になりました。

 オートポリスは中・高速コーナー主体のサーキットですが、鈴鹿のように気合一発突っ込み勝負のコースではなく、しっかりと止めて加重移動で曲がっていくテクニカルなコースです。

 木曜日練習はドライ、1本目は15分ほどセッティング方向の確認と体の慣らしを行いました。立ち上がり弱アンダーで車は良い感じです、特にセクター3の登り区間は車速の維持を怠ると簡単に1秒~2秒落ちてしまうので、特に神経を使いました。

 金曜日公式練習では気温が高く路面温度も60度まで上昇。このまま通常のセットではタイヤが持たない可能性があるので決勝を想定し、ロングスティントでもタイヤに負担の少ない方向性でセットアップを行いました。

■土曜日 予選

 土曜日のAドライバー予選、私のアタックです。気温、路面温度ともに高く、昨年私の出したレコードタイムには及びませんでしたが、2分13秒145をマーク、遅い車に少し絡んでしまいましたが、Aドライバーでクラストップタイムを獲ることができました。

 続くBドライバー予選は梅本選手の登場です。確実な走りでベストラップは2分13秒902。想定タイムは2分13秒台だったので良いタイムでしたが、#2号車の山田英二選手が2分12秒478と言うミラクルなタイムをマーク。グリッドはA、Bドライバーの合算タイムで決まるので、決勝は2番手スタートとなりました。

■日曜日 決勝3時間耐久レース

js-rd4_003  日曜日の決勝。いよいよ3時間レースのスタートです。スタートドライバーは私が担当致しました。昨日までに煮詰めたセッティングにより、スタートしてからタイヤやマシンに負担を掛けることなく全開で攻める事ができました。私のスティントで60分の走行指示が出されましたので、序盤は無理をせず#2号車の山田英二選手に付いて行きます。後ろから見ていると、どうやら山田選手の動きは目一杯攻めているようですが、こちらの方がコーナー立ち上がりでスピードが速かったので、#2号車の前に出る作戦に切り替えました。

 8周目に先頭に立ち、#2号車を約1秒ずつ離して行きます。5秒ほど引き離した所でペースをキープする指示があり、タイヤを温存しながら後続との差を保ちました。

 だいたい27周を経過した頃に#2号車がピットイン。どうやらタイヤが厳しかったようです。さらに少しペースを上げて差を広げながらこちらも30周目にピットイン。梅本選手にバトンを繋ぎました。

 ドライバーチェンジの練習を何回もした甲斐があってスムーズに梅本選手に交代。梅本選手は確実に周回を重ねてくれています。後続との差は20秒稼ぐことができ、約1時間のドライブで40秒のマージンを稼いでくれました。

js-rd4_062  2時間15分経過時点で再度ドライバーチェンジ。チェッカーまでのドライブを託されます。#2号車の山田選手が2分14秒台で追ってきているとの事で、全開で逃げろ!と無線指示が飛びました。私も2分14秒台を出して逃げ、その時にファステストラップも獲りました。

 後続との差は55秒まで広がり、あとは後ろとの差を見ながらの走行になったので少し余裕が出来ました。#2号車の山田選手と、チームメイトの#19号車奥村選手とが激しい2位争いをしていると言うことを無線で聞き、奥村選手がんばれ! と祈りながらのラップを重ねます。残り3周時点で#2号車がピットに入ったことにより、BRP★J'S RACINGチームの1-2フィニッシュが決まりました。

 チェッカーを受け、チームメイトの所へ戻ってみると、梅本選手から「シリーズチャンピオンも決まったよ!」と驚きの言葉を聴き、みんなで大喜びしました!

■最後に

 開幕前に「今年も絶対にシリーズチャンピオン取るよ!」と梅本選手がおっしゃっていた通り有言実行出来た事、とても嬉しく思います。そしてとても強かったライバルの方々と戦った事を誇りに思います。

 今シーズンはまだ2戦残っておりますが気を抜かず、全力で残りの岡山、鈴鹿を戦い抜きたいと思います。

 昨年に続き、2年連続シリーズチャンピオンになれた事をスポンサー様をはじめ、奥村代表、梅本会長、チームスタッフの皆さん、応援して頂いた皆様に心から感謝致します。本当にありがとうございました。

大野 尊久

 皆様のおかげさまで2015年もシリーズチャンピオンを獲得することができました! ご支援を頂いたスポンサー様を始め、応援して頂いたファンの皆様に心から御礼を申し上げます。次戦の岡山国際も気を抜かず勝利を目標にドライバー、チーム一丸となって戦いたいと思います。引き続きご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。

js-rd4_090 js-rd4_086 js-rd4_040 js-rd4_007

J'S RACING


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース