Archives

  • [—]2019 (407)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第4戦富士優勝ドライバー会見(GT500&300クラス)

gt-rd4-r-ps-winners gt-rd4-r-ps-500-winners gt-rd4-r-ps-300-winners

GT500クラス #24佐々木大樹(D'station ADVAN GT-R)
gt-rd4-r-pc-sasaki  「クルム選手が暑いなかで良い走りをしてくれました。5位で引き継いでまずは3位を目標に走りましたが、3位に上がって見るとトップも狙える位置にいたので、暴れるクルマをねじ伏せながら必死で前を追いました。トップに立ってからは少しウルウルきていましたが、ウィニングラップは実は号泣してました。クルム選手がチームに戻ってきて、僕はオトーサンが帰ってきたみたいです(笑)。チャンピオン争いも意識はしていますが、まずは1戦1戦大事にいきたいと思います」
GT500クラス #24ミハエル・クルム(D'station ADVAN GT-R)
gt-rd4-r-pc-kurum  「チームにとっては2010年、僕にとっては2004年以来の優勝です。チームの気合い、ヨコハマタイヤの情熱が実を結んだのだと思います。去年もチャンスはありましたが、運を味方につけることができなかった。今回は運がありました。大樹のスティントは本当に素晴らしかった。僕は歳は取りましたが、ステアリングを握ったときは年齢を忘れています。逆に経験が役立っているように感じます。菅生、もてぎはチームとの相性が良いので、後半戦も着実にポイントを重ねたいですね」
GT300クラス #55高木真一(ARTA CR-Z GT)
gt-rd4-r-pc-takagi  「今日の一番の事件は、クールスーツを外されたことです(笑)。とにかく、序盤が勝負と思っていましたので、20kgあるクールスーツを捨ててスタートダッシュしました。思いのほかBSタイヤが良かったので、ハイペースを維持することができました。CR-Zが1台になってタイヤ開発などで苦労することはありますが、パーツはたくさん用意されていますので、安心して走れるという利点もあります」
GT300クラス #55小林崇志(ARTA CR-Z GT)
gt-rd4-r-pc-kobayashi  「高木さんが途中からモニターに映らないほどチギってくれましたので、僕は後方との差をコントロールして残り周回を走り切ることに専念しました。タイヤバーストしているマシンもありましたので、とにかくクルマを壊さないように、労わりながら気を使って走りました。おかげで疲れました。クールスーツオフじゃないと勝てないようなので、次の鈴鹿もなしで行きたいと思います(笑)(高木選手「え~っ」)」
まとめ: Shigeru KITAMICHI
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース