Archives

  • [—]2019 (381)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:ゲイナー、10号車GT-Rのドライバーに千代勝正と富田竜一郎を起用 (GAINER)

 スーパーGT300クラスに参戦するゲイナーは18日、昨年末の発表で未定となっていた10号車のもう一方のドライバーに千代勝正と富田竜一郎(第3戦、第6戦のみ)を起用すると発表した。以下、プレスリリース。


 2015年度は、昨年12月に京都八瀬工場にて行われました、ファン感謝祭で発表させていただいたとおり、GAINERは、SUPER GT シリーズ GT300クラスに Mercedes-Benz SLS AMG GT3とNISSAN GT-R NISMO GT3で、参戦することが決定いたしました。

 11号車は、引き続きMercedes-Benz SLS AMG GT3を走らせ、Aドライバーに平中克幸選手、BドライバーにBjorn Wirdheim(ビヨン ビルドハイム)選手と、Wタイトル獲得を目指します。

 10号車はNISSAN GT-R NISMO GT3を新規投入し、Aドライバーには2013年までGT500クラスで活躍したベテランのAndre Couto(アンドレ クート)選手、Bドライバーには2月にオーストラリアで行われましたBathurst 12hoursで総合優勝を飾ったニスモアスリートドライバーの千代勝正選手を招き入れ、11号車と共にチャンピオンを狙います。

 千代勝正選手が、欧州で行われているブランパン耐久シリーズのプロクラスへNISSAN GT-R NISMO GT3でエントリーしているため、レース日程が重なっている第3戦タイ、第6戦菅生に残念ながら出場することが出来ません。

 その2戦を彼に代わって10号車をドライブするのは、レースデビューしてまだ3年目の富田竜一郎選手を大抜擢いたしました。

 富田竜一郎選手は、2年連続NISSAN GT-R Prestige Cupのチャンピオンを獲得し、昨年の第7戦タイでは、レース中のファステストラップを記録した今伸び盛りの選手です。

 新しい挑戦を開始したGAINER、引き続き皆様方のご声援、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

エントラントGAINER(ゲイナー)
ゼッケン11
マシンMercedes-Benz SLS AMG GT3
メインスポンサーTANAX
エントラント代表福田 洋介
監督福田 洋介/田中 哲也
ドライバー平中 克幸/BJORN WIRDHEIM
チーフエンジニア小笠原 康介
タイヤDUNLOP
エンジンチューナーHWA
エントラントGAINER(ゲイナー)
ゼッケン10
マシンNissan GT-R NISMO GT3
メインスポンサーTANAX
エントラント代表福田 洋介
監督田中 哲也
ドライバーANDRE COUTO/千代 勝正/富田 竜一郎
チーフエンジニア福田 洋介
タイヤDUNLOP
エンジンチューナーNISMO
GAINER


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース