Archives

  • [—]2020 (92)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第5戦オートポリス決勝記者会見 中嶋一貴「狙い通りのレースができ、ほっとしている」

sf-rd5-r-ps-top3

優勝 中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM'S)
sf-rd5-r-pc-nakajima  「狙い通りのレースができたのでほっとしています。ずっと2位だったので、優勝は気分がいいです。でも、石浦選手とのポイントがあまり縮まらなかったなと言うのが正直な感想です。SUGOでは予選から前に行ってポイント差を削りたいと思います」
決勝2位 石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)
sf-rd5-r-pc-ishiura  「今週はいい流れできてて、朝も満タンでタイムが良かったんですが、唯一スタートだけが……。反応は良かったんですがホイールスピンをして、両側から一貴選手と可夢偉選手に挟まれる形になって、1コーナーで引きました。スタートで前に行かれても作戦でがんばろうとチームと話していましたが、フロントタイヤ2本を代えたら想像以上にオーバーステアで最終コーナーでスピンしかけて危なかったんです。ちょっとずつ慣れてきて追い上げて、オーバーテークも使ってチャンスをまってたんですが、一貴選手もミスをしませんでした」
決勝3位 小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)
sf-rd5-r-pc-kamui  「ヨコハマタイヤのテストで軽く走りましたが、オートポリスでレースをするのが初めてなのでほとんど分からない状態で来ました。満タンでスタートしない戦略は、今日が誕生日なので運があり、スタートで前に立てて、逃げ切れると思ったからです。朝の練習でペース的に若干負けてる気がして、まともにいっても勝負できないと思っていました。ピットアウト後、ロッテラーが前にいたのが計算外で、いなかったらトップ集団についていけたので悔しいです」
優勝チーム監督 舘信秀(PETRONAS TEAM TOM'S)
sf-rd5-r-pc-tachi  「しびれるレースでした。結果的に作戦が成功しました。いつも異次元のスピードを見せる石浦くんとダイレクトに勝負して、タイヤ無交換が功を奏しました」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース