Archives

  • [—]2020 (92)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第5戦オートポリス決勝 中嶋一貴がスタートを制し今季初優勝

 全日本選手権スーパーフォーミュラ第5戦は13日、大分県のオートポリス(1周・4.674km)で決勝を行い54周・1時間22分53秒405で中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM'S)が優勝した。(観客:15,010人)

sf-rd5-r-start1

sf-rd5-r-start2

sf-rd5-r-start3

sf-rd5-r-1b

sf-rd5-r-38b

sf-rd5-r-8b

sf-rd5-r-goal

sf-rd5-r-winner

sf-rd5-r-winner-directer

sf-rd5-r-podium

 午後になるとサーキット上空には雲が広がりときおり太陽が顔を隠すと、阿蘇の高原を吹き抜ける風が涼しい。午後3時、19台のマシンが参加しポールシッターの石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)を先頭にフォーメーションラップが始まる。

 好スタートを決めたのは予選3位の中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM'S)。インからポールシッターの石浦に並びかけ1コーナーでトップに出た。石浦はアウトからインに振った予選2位の小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)にもパスされ3位に落ちる。

 トップに立った中嶋一貴は徐々に2位以下を突き放しにかかる。5周目には2位小林との差を1秒8まで広げる。一方、3位の石浦はトップ2台に付いて行けず徐々に遅れ始める。

 2位小林はトップ中嶋一貴に、3位石浦は2位の小林との差を詰める場面もあったが、一進一退の状況で中盤からはトップ3台は2秒前後の差でレースは推移。その後ろ平川亮(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)以下は大きく遅れ、優勝争いは上位3台に絞られることとなった。

 上位3人の中で最初に動いたのはフルタンクでスタートしなかった小林。29周を終わってピットインし、給油とタイヤ4本交換のフルサービスを行った。しかし、ピットアウトすると、ジャンプスタートでドライビングスルーペナルティーを受け後方にに沈んでいたアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)に行く手を阻まれることとなる。

 上位の2人は終盤までピットインを引っ張り、45周目に同時ピットイン。中嶋一貴はタイヤ無交換、石浦はフロント2本を交換してピットアウトした。

 47周目、トップ中嶋一貴と2位石浦との差は3秒4。ここからフロント2本がフレッシュタイヤの石浦がときには1秒近く速いラップを刻みトップ中嶋一貴との差を詰め始める。50周を回ってその差は1秒5、51周目には0秒7と背後まで迫る。

 しかし、石浦の追撃もここまで。オーバーステアのため52周目にはトップ中嶋一貴との差は0秒9、53周目には1秒0と逆に開き、中嶋一貴が54周を走って今季初優勝を飾った。2位には石浦が、3位には小林が入った。

 序盤から4位争いをしてた平川とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(LENOVO TEAM IMPUL)が、そろって4位、5位でゴール。6位にはジェームス・ロシター(KONDO RACING)が、7位には山本尚貴(TEAM無限)が、8位には国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)が入った。

 優勝した中嶋一貴は選手権ポイントを34と伸ばし、2位に入ったランキングトップ石浦の41ポイントとの差を7ポイントとし、ランキング2位に浮上した。

 第6戦は10月18日、スポーツランドSUGOに舞台を移し決勝レースが開催される。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース