Archives

  • [—]2020 (182)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第5戦鈴鹿決勝 岡村健がデビューウイン

 スーパーFJ鈴鹿シリーズは13日、鈴鹿サーキット西コースで決勝を行い、予選3位からスタートした岡村健(セオドール レーシング ジュニアチーム)が14周・19分51秒444で優勝した。

sfjs-rd5-r-43

sfjs-rd5-r-24

sfjs-rd5-r-7

sfjs-rd5-r-podium

 路面温度40度、気温30度の酷暑の中、第5戦決勝は午後12時10分にフォーメーションラップが始まった。

 PPからスタートの平木玲次(RS Fine F・L・C 10V)だったが、痛恨のエンジンストール。予選2番手の大井偉史(アイユーススキルスピード10V)がホールショットを決めて1コーナーへ飛び込み、2番手に岡村健(セオドール レーシング ジュニアチーム)、3番手に大石裕基(大石工務店スキル制動屋)が続いた。

 トップに立った大井だが、2周目の西ストレートで岡村にスリップに入られ1コーナーの130Rでインからパスされることとなった。

 スタートでエンジンストールした平木だったが1周目には9番手まで順位を上げ、2周目は6番手と自らのミスを帳消しにする走りをみせるが、6周目の2コーナーで大石と接触してフロントウイングを壊し、順位も落とすこととなった。最終的にはトップから1.5秒差の2位を獲得した。

 またポイントランキング2位の八巻渉(モレキュールアキランドイーグル)は5位でレースを終えた。

 2位に入った平木は依然としてポイントリーダー。次戦で5位に入ればシリーズチャンピオンを獲得する。

 第6戦の最終戦は10月18日に鈴鹿クラブマンレース第6戦として東コースで行われる。

優勝した岡村健のコメント
sfjs-rd5-r-ohmura  「予選が思ったよりいい順位だったのでビックリしました。練習走行でもコースを外れることも多く、決勝はミスしないように走ったので、まだ優勝した実感ありません。次のレースも走る予定なので優勝を目指して頑張りたいです」
2位表彰台を獲得した平木玲次のコメント
 「スタートをまたミスしてしまって、それが原因でレースを難しくしてしまいました。大石選手との接触は今思えば、あそこで行くべきではなかったと思います。その後はステアリングが真っ直ぐではなくなり、厳しいレースでした」
3位表彰台を獲得した大井偉史のコメント
 「スタートは悪くはなかったですが、2周目に抜かれてしまい、その後は自分の焦りなのかトップに追いついて行くことができませんでした。でも表彰台に上がれて自信がつきました。再来週のF1の前座レースは参戦しますが、その後はチームと相談して考えたいと思います」
Text & Photo: Nobumitsu OHTAKE


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース