Archives

  • [—]2019 (304)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第4戦富士公式予選 ポールシッターのコメント

gt-rd4-q-ps-pps

GT500クラス #38ZENT CERUMO RC F

立川祐路
gt-rd4-q-pc-tachikawa 前回のレースあたりからクルマが調子よくなってきていて、タイのレース、菅生テストを経てクルマもどんどんよくなりました。ただローダウンフォースになることでフィーリングが変わるので、そこはどうかなと思っていましたが、それほどの問題ではありませんでした。最近チームが頑張っていいクルマに仕上げてくれているのと、前回の富士で惨敗した結果から、今回はニュースペックのエンジンを投入しました。朝の走行で乗ったらすごくパワーが上がっているのを感じられて、すごく調子も良かったし、タイムも出ているので、予選はミスさえなければポールが取れると思いました。
ただこのクルマになってから富士が一番難しいというか、他のコースよりローダウンフォースになってる分動きがシビアになっていて、その辺をうまくまとめられるかが不安というか、プレッシャーを感じていました。
石浦宏明
gt-rd4-q-pc-ishiura 予選だけでいうと3位、3位、1位、1位とずっと調子がいいのですが、なかなか決勝の結果が出なくて、クルマもそこまで状態がいいわけではなかったのですが、この前の菅生テストからそこそこいい感じになってきて、今回は手応えを感じていました。ただ、ローダウンフォースのエアロパッケージになったことで、菅生の良さをそのまま引き継いでいけるのかなという不安がありました。でもあさの段階で結構いけるのかなという感じはしていたので、立川さんはポールを取るんだろうから、僕があんまり下の方にいるとかっこ悪いなと思いながら、なんとかQ1をまとめることができました。

GT300クラス #55ARTA CR-Z GT

高木真一
gt-rd4-q-pc-takagi ポールポジションという感じではなかったんですが、小林がQ1でとんでもないタイムを出して帰ってきたものですから、僕自身はプレッシャーを感じていましたが、クルマ自体はものすごくいい状態なのがわかったので、思い切り走ってやろうと思いました。
アタック中にイエローフラッグが出てるという情報をもらって、辞めようかどうしようかと迷っていたんですが、そのうち解除になるかもと思って諦めずに行ったら、ちょうど僕の直前に消えていたのでそのまま行きました。2回めのアタックは抹消になっていると思いますが、クルマの感触はいいし、決勝のセットもいい感じで来ているので、明日も期待できます。
小林崇志
gt-rd4-q-pc-kobayashi 前回のタイが終わってからこのレースまでに菅生の合同テストと鈴鹿のタイヤテストに参加させていただきました。その中でチームはセットアップをいろいろやってくれましたし、ブリヂストンさんもすごくいいタイヤを開発してくださいました。それを組み合わせて今回のレースに臨みましたが、あさの走行からフィーリングはすごくよくて、予選もそこそこいける手応えを感じていましたが、まさかポールポジションが取れるとまでは思っていなかったので、実際にQ1をトップで帰ってきた時は驚きました。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース