Archives

  • [—]2020 (161)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第8戦富士 上位3人のコメント

f3-rd8-r-ps-winners

優勝 #36山下健太(トムス)
f3-rd8-r-pc-yamashita 予選があまり良くなくて2番手からのスタートになりました。スタートはストールしかけて遅れましたが、ちょっと強引だったかもしれないけどギリギリ2位をキープできて、その後は福住選手を追いかけました。ストレートは向こうが速く、スリップについても抜ききれない感じだったので、最終コーナーでしかけてから真後ろについていこうと考えて、その通りにやったらうまくいきました。
その後のペースはあまり良くなかったので、その点は明日に向けて考えたいと思います。
2位 #37ニック・キャシディ(トムス)
f3-rd8-r-pc-cassidy 今日はいいレースができたと思います。チャンピオンシップを考えて少しでも多くのポイントを獲得することが今回の目標だったので、結果には満足しています。
予選結果には納得していませんが、レースが進むにつれてペースが良くなり、高星選手を捕まえることができたので、展開としては良かったです。
最後にファステストが出せるとも思っていなかったので、その点でも良かったですね。
3位 #23高星明誠(B-MAX)
f3-rd8-r-pc-takaboshi 今回は3番手からのスタートでした。今まで何戦もスタートを失敗していたので、今度こそは成功させようと思っていて、スタートは悪くなかったんですが、ポジション取りが悪かったです。Aコーナーで並んだんですが、行き場がなくて。序盤はペースが良くなくて、山下選手のほうがセクタ-3のトラクションが良くて、置いてかれてるな、って印象でした。
後半はニック選手に抜かれてしまって、あとはファステストを狙うしかないなと思ってプッシュしていました。スリップ使いながらいいところまでいけたかなと思ったんですが、最後にニック選手に抜かれてしまい、そこはちょっと悔しく思います。
Nクラス優勝 #38小河諒(トムススピリット)
f3-rd8-r-pc-ogawa 前回の岡山、その前と、優勝できたことでF3に対して甘えた気持ちが出てしまい、チームの皆さんをいらつかせてしまったと思います。金曜日は走ることができなくて、予選はぶっつけ本番になりましたが、そんな中でも2位、1位が取れました。それができるだけの車を用意してくださったチームの皆さんには感謝しています。今日は走れることへの感謝の気持ちで予選から泣きそうな気分でした。
明日はポールからのスタートということで、今日以上のギャップを広げられるよう頑張ります。
Nクラス2位 #3三浦愛(EXCEDY)
f3-rd8-r-pc-miura 久々のポールで、スタートも失敗したわけじゃなかったんですけど、それ以上に小河選手のスタートが良かったです。ずっと自分のベストを出す走りを心がけていました。鈴鹿から戦ってきた中でもいい状態の車になっていたのに、大きな差をつけられてしまったのは、ドライビング以外にも問題があるのだと思います。明日はその差を詰められるよう頑張ります。
Nクラス3位 #30DRAGON(B-MAX)
f3-rd8-r-pc-dragon 正直話すことがないんですよ。バトルもなく淡々と15周を走った感じで。
今日はスタートに集中することと、自分のベストの走りをすることを心がけて戦っていましたが、二人のペースに全然ついていけませんでした。
今週末はいろんなクルマが走ったことで路面コンディションの変化が大きくて、思うように走れていません。そんな中で予選ではニュータイヤを1セット温存できているので、明日のレースではそれを生かせればと思います。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース