Archives

  • [—]2020 (161)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第8戦富士決勝 接戦を制した#36山下が今季4勝目。Nクラスは#38小河が磐石の走りで今季6勝目を挙げる

f3-rd8-r-start4

f3-rd8-r-36vs7

f3-rd8-r-7vs37vs23

f3-rd8-r-37vs23

f3-rd8-r-23vs7

f3-rd8-r-36

f3-rd8-r-37

f3-rd8-r-23

f3-rd8-r-38

f3-rd8-r-3

f3-rd8-r-30

6月6日富士スピードウェイで行われた全日本F3選手権第8戦の決勝は、予選2番手からスタートした#36山下健太(PETRONAS TOM’S F312)が6周目にトップに立ち、そのまま逃げ切って今季4勝目を挙げた。
2位には#37ニック・キャシディ(PETRONAS TOM’S F312)、3位には#23高星明誠(B-MAX NDDP F312)が入った。
Nクラスはスタートでトップに立った#38小河諒(KeePer TOM’S F306)が今季6勝目。予選トップの#3三浦愛(EXCEDY RACING F307)は2位に終わった。

第8戦決勝は午後1時50分より15周で行われた。
ホールショットを奪ったのはポールの#7福住仁嶺(HFDP)。
しかし予選2位の山下も遅れずについていき、5周目の最終コーナーで福住がアウトに膨らんだところをついてインからオーバーテイクを試みる。
しかし福住も立ち上がりで並び返し、両者は併走のまま1コーナーへ。結局山下がこのバトルを制してトップに立った。

抜かれた福住には3番手スタートの高星、5番手スタートのキャシディが一斉に襲いかかる。
まず6周目の最終コーナーで高星が福住のインに飛び込む。
たまらずアウトに飛び出し福住。
しかし高星も立ち上がりのラインがタイトになってしまい、ホームストレートに出たところでキャシディがこの2台を一気に抜き去って2位に浮上。
高星も9周目の1コーナーでようやく福住をかわして3位に浮上した。
結局福住はこの後#22佐々木大樹(B-MAX)にも抜かれ、5位でレースを終えることになった。

トップの山下はこの隙にリードを広げて周回を重ね、キャシディに1.5秒、高星に3.6秒差をつけてチェッカーを受け、今季4勝目をものにした。
しかしこのレースのファステストラップは15周目に1’34.454と公式予選をも上回るタイムを叩き出したキャシディのものとなったため、シリーズポイントは僅かに2ポイントを縮めるにとどまった。

一方のNクラスは、スタートで三浦をかわしてトップに立った小河がそのまま一気に後続を突き放し、三浦に8秒、DRAGONには24秒もの大差をつけてフィニッシュ。今季6勝目を挙げている。

次戦第9戦決勝は明日の午前10時40分より21周で行われる。

f3-rd8-r-winner f3-rd8-r-winner-n f3-rd8-r-podium

Text : Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース