Archives

  • [—]2020 (143)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第8戦富士公式予選 #7福住仁嶺が今季初ポール!Nクラスも#3三浦が今季2度めの予選トップ

全日本F3選手権第8戦の公式予選が6月6日、富士スピードウェイで行われ、#7福住仁嶺(HFDP RACING F312)が1’35.397でポールポジションを獲得。Nクラスは#3三浦愛(EXCEDY RACING F307)が1’38.167でトップだった。

f3-rd8-q-7 f3-rd8-q-36 f3-rd8-q-23 f3-rd8-q-3 f3-rd8-q-38 f3-rd8-q-30

全日本F3選手権の2015シーズンは早くも中盤戦。
今週末は富士スピードウェイで第8戦、第9戦が行われる。

第8戦の公式予選は午前9時より10分間で行われた。

昨日降り続いた雨は早朝には止み、路面は次第に乾き始めていたため、ほとんどのドライバーが新品のスリックタイヤを装着してコースイン。唯一#3三浦愛だけがユーズドのスリックでこの予選を戦った。

最初にタイムアタックに取り掛かったのは#23高星明誠(B-MAX)。走り始め1’45.255から次第にペースを上げて3周目に1’36.321、4周目に1’35.871、1’35.465とタイムを削っていく。
しかし予選終盤に#7福住が1’35.397、#36山下健太(トムス)が1’35.430を叩き出し、高星は3番手で第8戦の決勝を迎えることになった。
一方、ここまで7戦中3勝を記録してポイントリーダーの座にいる#37ニック・キャシディは初めての富士で1’35.571を記録するにとどまり、予選5位から午後の決勝に臨むことになった。

なお、ルマン24時間レース参戦のために今大会を欠場したルーカス・オルドネスに代わってB-MAXの22号車をドライブした佐々木大樹は予選7位ながら1’35.967とまずまずのタイムを記録している。

Nクラスは序盤から#38小河諒がクラストップのタイムを立て続けに記録していたが、最期の最期に#3三浦愛が小河をコンマ5秒突き放す1’38.167を記録して予選トップで決勝に臨むことになった。

第8戦決勝はこのあと午後1時50分より15周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース