Archives

  • [—]2020 (143)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第11戦岡山決勝 上位3人のコメント

f3-rd11-r-pc-winners


優勝 #23高星明誠(B-MAX NDDP)
f3-rd11-r-pc-takaboshi 昨日に引き続きスタートで前に出れればペースが遅くても勝てると思っていたので、スタートには本当に集中していました。昨日のビデオを見て復習しながら今回のレースに挑みましたが、同じことができたのは嬉しく思います。
最初に結構ギャップを開けたと思ったのにSCが出てしまって、またゼロからだなと思ったんですけど、SC後も引き離すことができたのは良かったかなと思います。ただ後半のペースは山下選手の方が速かったので、そこは次回に向けて改善していければと思っています。
富士は前回負けてしまっているので、今回のクルマのセットアップを反映しながら次に向けていきたいと思います。
ポイント差が縮まったことは嬉しく思いますが、まだポールもファステストも取れていないので。そこの1点というのがシリーズの中で重要になると思うので、反省しながら、優勝目指して、細かいところもとっていければなと思います。
2位 #36山下健太(トムス)
f3-rd11-r-pc-yamashita 昨日のレースで高星選手に行かれてしまったので、今日のスタートは決めて勝ちたかったんですけど、また行かれてしまいました。ペースは昨日と同じく、後ろについてても悪くなくて、ただやっぱり人の後ろを走っていると厳しい面があるので、抜くところまでは至りませんでした。自分が前にいればもっと速いペースで走れたろうとは思いますが、ここはスタートが重要ですから。
今回は勝てるレースを2回落としているので、反省したいと思います。
富士は前回ファステストを取っているので、また速く走って勝てるように頑張ります。
3位 #22ルーカス・オルドネス(B-MAX NDDP)
f3-rd11-r-pc-ordonez 今日のレースはいいスタートが切れました。アウト側にフクズミが並びかけてきましたが、無理をしたようでオーバーステアを出してしまったために4位を守ることができました。セーフティーカーが引っ込んだ時にチャンスが巡ってきたと思い、キャシディをオーバーテイクしようとアタックしました。タイヤに目一杯熱を入れていたので、セーフティーカー明けは絶好のチャンスでした。
彼のアウト側に並びかけましたが、ニックとのファイトは本当にタイトで、そして本当にクリーンなものでした。いい判断でまた3位に上がれました。
今回もGTのドライビングの癖が抜けずに速いタイムが出せませんでしたが、また二人揃ってポディウムに上がれました。次の富士も楽しみにしています。
次のレースまではインターバルが空くので、明日から故郷のスペインに帰ります。2週間ほど休みをいただきました。今まで17週もレース漬けだったので、疲れているんですよ。
Nクラス優勝 #38小河諒(トムス)
f3-rd11-r-pc-ogawa 結果をみてもわかる通りクルマはすごくポテンシャルが高くて、僕もそのポテンシャルを100%出すべく、今日のレースは毎周予選のように常にプッシュし続けました。前回の岡山ではチャンピオンクラスにかなり置いてかれてしまいましたが、今日は最終ラップまで目の前にチャンピオンクラスが見えていたので、いいプッシュができたんじゃないかと思います。
レース中はずっと高星選手のタイムを聞きながら、チャンピオンクラスのトップと自分がどのくらい離れているのかを聞いていました。いい時はコンマ数秒、悪い時は1.5秒くらい離れていたので最低でも1秒以内にい続けられるようにしたいと思います。
あまりシリーズのことは考えてこなかったんですが、昨日黒星をもらってから1点の重みをすごく感じています。ここから1点も落とさずに富士を終えると、その時点でシリーズを決められると思うので、1点も落とせない状況だということで気を引き締めて、ステップアップしてからも大事なことだと思いますので、改めて気を引き締めて富士に挑みたいと思います。
Nクラス2位 #3三浦愛(EXEDY)
f3-rd11-r-pc-miura 昨日も小河くんとは1秒以上の差があって、今日も気温が上がってコンディションが厳しくなったので、腕の差が出るのかな、と思っていました。もちろんクルマの差もあるかもしれないけど、それをドライバーがカバーする走りをしないとと思って臨みました。スタートは良くも悪くもなく、小河選手の後ろを走ることになり、後ろにはずっとDRAGONさんがついていて、途中から何が何だかわからない状態で走っていました。落とす可能性もあるレースだったので、2位をキープできたのは良かったと思います。
なるべく最後まで、チャンピオンが決まらないように頑張りたいと思いますが、今はもう少し考えます。
Nクラス3位 #30DRAGON(B-MAX)
f3-rd11-r-pc-dragon このままずっとここにいるのかなあって。年間の3位記録を狙おうかと思います(笑)
序盤SCが入ったのは誤算でした。ニュータイヤのアシがあるうちにプッシュして攻略したいと思っていたんですが、SCで予定が狂いました。前とは速い箇所が違うような印象で、後ろにつくとダウンフォースが抜けて厳しくなりました。なかなか三浦選手もミスをしないので、最後は気持ちが折れたっていうか「これは無理だな」という気持ちになりました。
次の富士に向けては、まずは愛ちゃんと二人で小河くんのタイトルを阻止する気持ちでレースに臨むというのが一つ、もう一つは自分にとって富士は得意だと思っているコースですが、クルマのキャラクター的には苦手なコースなので、なんとかいいところを見つけてプッシュしたいなと思います。
一個順位を上げたいと思います。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース