Archives

  • [—]2020 (1)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿公式予選記者会見

sf_r07_q_ps-r1_top3 sf_r07_q_ps-r2_top3


第1,2レースポールポジション 山本尚貴(無限)
sf_r07_q_pc-yamamoto  「第1レース、第2レースともポールを取れてうれしく思います。朝からクルマの調子は良かったので、落ち着いていけばポールは取れると思い、思い切ってアタックしました。Q1は順調にポールを取れて、Q2はQ3に進めればいいと思ってセットをいろいろと試したのでトップの座は譲ってしまいました。Q3は、まさかアタック中に赤旗が出とは思いませんでしたので、まずいと思いました。でもあきらめずに絶対にポールを取るんだと思っていました。今日はいい一日でしたが、大切なのはあしたなので集中していきたいと思います」
第1レース予選2位 中嶋大祐(ナカジマ)
sf_r07_q_pc-daisuke  「いままでうまくいかない予選が多かったのですが、毎回予選を走る度に何がだめだったのかの原因を把握してチーム全体で共有していました。決して自分が進んでいなわけではなく、自分たちの思い通りになれば結果を残せると思っていました。今回Q1で、このポジションを取ることができたので、これまでやってきたことが間違いではなかったんだと思います。毎回レベルの高い中でやっているので多少のポジションの上下はあると思いますが、Q3ではもう少し上に行きたかったですね。全体の流れは間違ってないのを確認できたのは良かったです」
第1,2レース予選3位 小暮卓史(ナカジマ)
sf_r07_q_pc-kogure  「今回、ぼくのマシンは新たな試みをやっています。ニュータイヤで限界まで責めたときに出る挙動をコントロールし切れていませんでした。中嶋選手が速くて参考にさせてもらったりして、Q2はすごく良くなったんですが、山本選手がすごく速くて、Q3では3番手で終わってしまいました。クルマは前進していて、確実に手応えを感じているので、決勝もいいレースをしたいと思います」
第2レース予選2位 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(インパル)
sf_r07_q_pc-oliveira  「Q1ではフロントやリアのトラクションのフィーリングが良くなくて、Q2ではセッティングに慣れるようにしました。Q3ではいいラップができたのでポールポジションを取れると思ったんですが、今回は山本選手がすごく速くて、ホンダのクルマも強かったので、トップが取れませんでした。あしたはがんばりたいと思います」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース