Archives

  • [—]2020 (196)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第15戦富士決勝 #50千代勝正&戸田エンジンが2連勝で2013シーズンを締めくくる!

f3_r15_r-start

f3_r15_r-37_out

f3_r15-r50_top

f3_r15_r-37vs45

f3_r15_r-50

f3_r15_r-37

f3_r15_r-45

f3_r15_r-23

f3_r15_r-38

f3_r15_r-6

全日本F3選手権第15戦の決勝が10月20日、静岡県の富士スピードウェイで行われ、予選2番手からスタートした#50千代勝正(B-MAX)が昨日に続いて二連勝を飾った。

2013シーズンのF3もいよいよ最終戦。
第15戦決勝は朝8時より15周で行われた。
この日の富士は朝から小雨が降り続き、コース上は完全なウェットコンディション。
そのため、スタート直後からコースのあちこちで激しいバトルとアクシデントが相次ぐ大変荒れた展開となった。

ホールショットを奪ったのはポールシッターの#37勝田貴元(トムス)。
予選2番手の千代は最初の1コーナー進入でリヤをロックさせてしまってハーフスピン状態に陥り、一気に5位あたりまで後退してしまう。
しかし千代はその周のダンロップコーナーでスポット参戦のチームメイト#45関口雄飛をパスすると、続く2周目の1コーナーで#7松下信治と#8清原章太のHFDP勢が接触、コースアウトしたことにより2位に復帰した。

この間に着々とリードを広げつつあったトップの勝田だったが、滑りやすい路面と中々熱の入らないタイヤに苦しみ、3周目のダンロップ進入でホイールをロックさせてしまって痛恨のコースアウトを喫してしまった。
これでトップに立った千代は次第にペースを上げて後続を突き放しにかかり、最後は2位以下に17秒の大差を付けてフィニッシュ。第14戦に続く連勝で今シーズンを締めくくった。
2位には勝田、3位には来月のマカオ参戦を睨んでスポット参戦してきた#45関口雄飛が入った。

Nクラスは予選トップの#23高星明誠(NDDP)が終始トップを快走、一時は上位クラスをも脅かす走りで今季11勝目をものにした。
2位には#38ナニン・インドラ・パユーング(トムススピリット)、3位は#6小泉洋史(ハナシマ)といういつもの顔ぶれとなった。

全日本F3選手権はこのレースで終幕。
しかし中山雄一、千代勝正、関口雄飛らは来月開催されるマカオグランプリへの出場を予定している。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース