Archives

  • [—]2020 (137)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Challenge Japan | Formula Nippon | Japanese F3 | SUPER GT | その他

2009年のモータースポーツ活動および支援計画を発表 (TOYOTA)

 トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、モータースポーツ活動をクルマの持つ「夢」や「感動」をお客様にもたらす大切なものと位置づけている。本年においては大変厳しい経営環境の下、大幅なコスト低減を図りながら、引き続きモータースポーツを推進する。具体的には、「フォーミュラ・ワン世界選手権(F1)」、日本の「SUPER GT」・「フォーミュラ・ニッポン」、米国の「NASCAR」等のトップカテゴリーへの参戦と、世界トップクラスで活躍が期待されるドライバーの育成を活動の柱とする。

 日本では、SUPER GTで引き続きGT500クラスにおいて、今年よりレクサスブランドとして参戦し、レクサスSC430でタイトル奪還に挑む。またフォーミュラカーのトップカテゴリー、フォーミュラ・ニッポンへのエンジン供給を継続し、トヨタエンジン搭載車として4連覇を狙う。

 このほか、モータースポーツ振興の観点から、グラスルーツレベルのレースまで、多様なカテゴリー・イベントへの支援を行う。

 世界のトップクラスドライバーの育成を目指し、トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム(以下TDP)を推進する。ウィリアムズF1チームの正ドライバーとして2年目を迎え、今季更なる活躍が期待される中嶋一貴など、本年は8名のドライバーを選出。

 環境に配慮したモータースポーツの推進と、量産車両を含めたハイブリッドシステムの高効率化のために、モータースポーツ用ハイブリッドシステムの開発を継続する。

 トヨタのモータースポーツ開発活動は、東富士研究所のモータースポーツ部を中心に、日本では、トヨタテクノクラフト(株)TRD(以下TRD)、欧州ではToyota Motorsport GmbH(トヨタ モータースポーツ有限会社、以下TMG)、米国ではTRD U.S.A., Inc.(以下、TRD-USA)を各地域の拠点として位置づけている。

【活動および支援計画概要】
SUPER GT
  • 国内レースのトップカテゴリー。GT500クラスにレクサスブランドで参戦。V8 3.4L エンジン(RV8KG)搭載のレクサス SC430について、TRDを通じチーム支援を行う。
  • また、GT300クラスでは、V8 3L(RV8J)を搭載するレクサスIS350、V6 3.5L(2GR)を搭載するトヨタ カローラアクシオが参戦する。
  チーム名 カー
No.
車両 ドライバー 備考 タイヤ
GT
500
レクサス チーム ルマン エネオス
(LEXUS TEAM LeMans ENEOS)
6
レクサス
SC430
伊藤 大輔
(Daisuke Ito 日本)
 
BS
ビヨン・ビルドハイム
(Bjorn Wirdheim スウェーデン)
 
レクサス チーム クラフト
(LEXUS TEAM KRAFT)
35
レクサス
SC430
石浦 宏明
(Hiroaki Ishiura 日本)
TDP
BS
大嶋 和也
(Kazuya Oshima 日本)
TDP
レクサス チーム ペトロナス トムス
(LEXUS TEAM PETRONAS TOM’S)
36
レクサス
SC430
脇阪 寿一
(Juichi Wakisaka 日本)
 
BS
アンドレ・ロッテラー
(Andre Lotterer ドイツ)
 
レクサス チーム ゼント セルモ
(LEXUS TEAM ZENT cerumo)
38
レクサス
SC430
立川 祐路
(Yuji Tachikawa 日本)
 
BS
リチャード・ライアン
(Richard Lyons 北アイルランド)
 
レクサス チーム サード
(LEXUS TEAM SARD)
39
レクサス
SC430
アンドレ・クート
(Andre Couto ポルトガル)
 
DL
平手 晃平 (Kohei Hirate 日本)
TDP
GT
300
レーシング プロジェクト バンドウ
(RACING PROJECT BANDOH)
19
レクサス
IS350
織戸 学 (Manabu Orido 日本)  
YH
片岡 龍也
(Tatsuya Kataoka 日本)
 
チーム レクリス ウィズ シフト
(TEAM RECKLESS with SHIFT)
30
レクサス
IS350
佐々木孝太
(Kouta Sasaki 日本)
 
KH
未 定  
エーピーアール
(apr)
31
トヨタ
カローラ
アクシオ
坂本 雄也
(Yuya Sakamoto日本)
 
YH
山内 英輝
(Hideki Yamauchi 日本)
 
エーピーアール
(apr)
74
トヨタ
カローラ
アクシオ
井口 卓人
(Takuto Iguchi 日本)
TDP
MI
国本 雄資
(Yuji Kunimoto 日本)
TDP

 TDP:トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム
 タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/KH:クムホ/YH:ヨコハマ/MI:ミシュラン

全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン
  • 国内フォーミュラレースのトップカテゴリー。V8 3.4Lエンジン(RV8K)を5チーム8台に供給。
  • タイヤは全車ブリヂストン製を使用する。
チーム名 カーNo. ドライバー 備考
ローソン チーム インパル
(LAWSON TEAM IMPUL)
1
松田 次生 (Tsugio Matsuda 日本)  
2
ブノワ・トレルイエ
(Benoit Treluyer フランス)
 
チーム インパル (TEAM IMPUL)
20
平手 晃平 (Kohei Hirate 日本) TDPドライバー
チーム ルマン (Team LeMans)
7
国本 京佑 (Keisuke Kunimoto 日本) TDPドライバー
8
石浦 宏明 (Hiroaki Ishiura 日本) TDPドライバー
ペトロナス チーム トムス
(PETRONAS TEAM TOM’S)
36
アンドレ・ロッテラー
(Andre Lotterer ドイツ)
 
37
大嶋 和也 (Kazuya Oshima 日本) TDPドライバー
セルモ/インギング(CERUMO/INGING)
48
立川 祐路 (Yuji Tachikawa 日本)  
その他の活動支援
(1)全日本F3選手権
  • F1への登竜門となる、フォーミュラ・カテゴリー。トヨタは全日本クラスの3チーム5台に1AZ-FEエンジンを供給。また、2008年よりスタートしたナショナルクラスの9台にも3S-GEエンジンを供給する。
  • 今季よりタイヤは、全車ハンコックタイヤを使用する。

 全日本クラスにおけるトヨタエンジン使用チームおよびドライバーラインナップは以下のとおり。

チーム名 カーNo. ドライバー (予定) 備考
ペトロナス チーム トムス
(PETRONAS TEAM TOM’S)
1
マーカス・エリクソン
(Marcus Ericsson スウェーデン)
 
36
井口卓人 (Takuto Iguchi 日本) TDPドライバー
37
国本雄資 (Yuji Kunimoto 日本) TDPドライバー
ナウモータースポーツ
(NOW MOTOR SPORTS)
33
岩崎 祐貴
(Yuki Iwasaki 日本)
 
デンソー チーム ル ボーセ
(DENSO Team Le Beausset)
62
嵯峨 宏紀 (Koki Saga 日本)  
(2)FCJ(フォーミュラチャレンジ・ジャパン)
  • 4年目となるエントリークラスのフォーミュラ・カテゴリー。車両は、FCJ専用独自開発車両(FC106)のワンメイク。本年は4サーキットで7大会14戦開催。
(3)Netz Cup Vitz Race (ネッツカップヴィッツレース)
  • 一般公道も走行可能なナンバー付車両で争われるレース。(トヨタ ヴィッツRS 1.5L車をベースとする専用車両 トヨタ ヴィッツRS TRD Racing)
  • 5つの地方シリーズ(北海道・東北・関東・関西・西日本)と特別戦1戦を開催予定。
(4)その他、各種活動への支援
  • トヨタモータースポーツクラブ(TMSC)の活動を支援。
TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)
  • 世界および日本のトップカテゴリーにおいて活躍できるレーシングドライバーの育成を目的としたプログラム。才能ある人材を発掘し、それぞれが実力に応じてステップアップできるシステムとし、欧州・日本で以下のように展開。

(2009年TDPドライバー一覧)

  ドライバー カテゴリー チーム名 備考・昨年の戦績

平手 晃平
(Kohei Hirate 日本)
フォーミュラ・ ニッポン チーム インパル (Team IMPUL) ・フォーミュラ・ニッポン 
《1勝 シリーズ4位
ルーキー・オブ・ザ・イヤー》
・SUPER GT 300クラス
《1勝 シリーズ 15位》
SUPER GT (GT500) レクサス チーム サード
(LEXUS TEAM SARD)
石浦 宏明
(Hiroaki Ishiura 日本)
フォーミュラ・ ニッポン チーム ルマン
(Team LeMans)
・フォーミュラ・ニッポン
《シリーズ16位》
・SUPER GT 500クラス
《シリーズ15位》
SUPER GT (GT500) レクサス チーム クラフト
(LEXUS TEAM KRAFT)
国本 京佑
(Keisuke Kunimoto 日本)
フォーミュラ・ ニッポン チーム ルマン
(Team LeMans)
・全日本F3選手権
《3勝 シリーズ2位》
・SUPER GT 300クラス
《1勝 シリーズ9位》
・F3マカオGP 優勝
大嶋和也
(Kazuya Oshima 日本)
フォーミュラ・ ニッポン ペトロナス チーム トムス
(PETRONAS TEAM TOM’S)
F3ユーロシリーズ
《1勝 シリーズ19位》
SUPER GT300クラス
スポット参戦
《第6戦鈴鹿1000km 2位》
SUPER GT (GT500) レクサス チーム クラフト
(LEXUS TEAM KRAFT)
井口 卓人
(Takuto Iguchi 日本)
全日本F3選手権 ペトロナス チーム トムス
(PETRONAS TEAM TOM’S)
・全日本F3選手権
《3勝 シリーズ3位》
・SUPER GT 300クラス
《シリーズ32位》
SUPER GT (GT300) エーピーアール (apr)
国本 雄資
(Yuji Kunimoto 日本)
全日本F3選手権 ペトロナス チーム トムス
(PETRONAS TEAM TOM’S)
・FCJ
《8勝 シリーズチャンピオン》
SUPER GT (GT300) エーピーアール (apr)

※リリースより国内関連のみを抜粋

Text: トヨタ自動車株式会社



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース