Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japan Touring Car Championship

JTCC-MINEマツダスピードリリース

INFO 95-013                        平成7年7月24日
「'95JTCC-ラウンド5:MINE」
レース速報
 (株)マツダスピードは、平成7年7月22日(土)・23日(日)、MINEサーキット(山口県美祢市、1周:3.238km)で行われた「’95全日本ツーリングカー選手権レース第9戦・10戦:美祢スーパーツーリングカーレース」に、1台のランティスを出場させた。レース結果は以下の通りである。
【カーNo.6 YTRwithマツダスピード】ドライバー:寺田 陽次朗
 今回は、前戦の鈴鹿ラウンドからタイヤを18インチから19インチに変更したマシンで臨んだ。公式予選1回目、2周目に昨年同コースの自己ベストタイムから1.6秒速い、
1'35.387を記録。その後、左フロントタイヤを交換して再度タイムアタックを行ったが、コースコンディションからタイムアップはならなかった。雨の中、開始された公式予選2回目は、スプリングレートを軟らかいものに変更、車高の前後バランスの変更を行い臨んだが、予選開始10分頃から激しい雷雨となり、予選は中断されそのまま終了となった。なお、寺田は2回目予選では雨の中、6番手を計時した。結局、予選は1回目のタイムでグリッドが決定し、31台中26番手であった。
 「第9戦」は、台風3号の影響から雨が降ったり止んだりと路面状況が変わる中、寺田はレインタイヤを装着してスタート。好スタートをきった寺田は4周目には一気に9番手まで浮上。その後、順調に周回を重ねたが、終盤で雨が止み、路面がドライとなるにつれてアンダーステアが強くなり、ラップタイムを上げる事が出来なくなってしまった。
雨の中、健闘した寺田は12位でフィニッシュした。
 「第10戦」は、28台中12番手からスタートした寺田は、途中に降り出した雨にも係わらずスリックタイヤのまま走行。その後、雨も小降りとなりコース上は走行ラインのみ乾いた状態となった。寺田は徐々にラップタイムを上げようとした矢先に他車と右後輪付近が接触。車両のバランスが崩れ、真っ直ぐ走行出来ない状態のまま苦しい走行を強いられ、12位でフィニッシュした。
【レース結果】  参加31台
 ■公式予選結果(予選1回目)   天候:曇、気温:30℃、路面:DRY
  26位/31台中                1’35.387
 ■決勝第9戦(31周・出走31台)天候:雨、気温:26℃、路面:WET
  12位/完走26台中
 ■決勝第10戦(31周・出走28台)天候:雨、気温:27℃、路面:SEMI-WET
  12位/完走15台中
以上
提供:㈱マツダスピード


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース