Archives

  • [—]2019 (427)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

その他

サードのルマン挑戦は予定通り

 TIサーキットでのルマン想定テストを中止したトヨタ、サード、トラスト、
TRDだが、今年のルマンチャレンジの計画は変更しないようだ。
 これは今回のクラッシュの原因は、クルマの問題が主因ではないことが
ほぼ確定されたためだ。
 しかし、サード車は修復が不可能で5月4日に行われる全日本GT選手権の
第2戦は欠場を余儀なくされた。だが、サードとトヨタ、TRDはルマンへの
挑戦は予定通り行うとしており、3社が協力の下に、ルマン用のスープラを
新しく製作することを決め、早くも作業にとりかかっている。
 また、テストの遅れは一般のスポーツ走行を使ってでも取り戻したいと、
ルマンチャレンジへ全力を挙げる姿勢を示している。
 ドライバーのジェフ・クロスノフだが、脳震とうと全身を強く打っており
いったんは大事をとって入院した。
 だが、当人はいたって元気のようで、今週末のF3000に参加することを
希望しているが、現時点では参加は微妙なようだ。
                   GTアソシエイション事務局
                   GTインサイドレポート担当
                   古屋 知幸  = MGG01235 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース