Archives

  • [—]2020 (85)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GT Rd.5 GTインサイドレポート2

'94全日本GT選手権
Rd.5 MINE                                       Date  10/22
10月22~23日
GT インサイド・レポート            No.  4             For FMOTOR4F
12.エントリーリスト
No Cla      マシン              ドライバー
1      Ⅰ    カルソニック・スカイライン   影山正彦
 2      Ⅰ    ZEXELスカイライン         鈴木利男
 3      Ⅰ  ユニシアジェックススカイライン  長谷見昌弘
 5   Ⅰ  BLITZ SUPRA          Tom Kristensen
 9   Ⅰ  acomポルシェRSR          Mauro Martini
10   Ⅰ  Johnson SKYLINE       飯田章
14   Ⅰ  CCIあめんぼうシルビア        服部尚貴/大井貴之
22   Ⅱ  橋本車体ダンデライオンGTS    水沼克夫/秋本光男
24   Ⅰ  コクピット 館林GTR          袖山誠一/山路慎一
25   Ⅰ  FEDEX 300ZXーLM  影山正美
29   Ⅱ  KORG KEGANIポルシェ  小幡 栄/上原秀郎
34   Ⅰ  タイサン スターカードF40    鈴木恵一/松田秀士
35      Ⅰ    タイサン スターカード962C  Anthony Raid/近藤真彦
39   Ⅰ  TOYOTAスープラGT    Jeff Krosnoff
40   Ⅰ    タイサン スターカードF40    太田哲也/Oscar Larrauri
55   Ⅱ  ハヤシスポーツ964      林雅弘/柏原浩一
70   Ⅱ  欧州車販売の外国屋スカイライン 石橋義三/水野文則
72   Ⅱ  IPF WAKO'S M3    牧口規雄/岡本幸夫
88   Ⅰ  レインX・アート・カウンタック 池沢さとし/和田孝夫
100    Ⅰ  ADVAN PORSCHE    高橋国光/土屋圭市
13.飯田章
 #10 Johnson SKYLINEに乗る若手ドライバーの飯田章が、今年の全日本
F3000の残り2レースに“NOVA with AFP”から参加することに決定した。
マシンはブランニューのローラT94、エンジンはマルティニと同じ無限ホンダ・エン
ジン、タイヤはブリヂストン、スポンサーはジャックス・カードである。十勝24時間
レースに参加した時にノバの森脇監督が“アキラ”の走りを見てF3000を乗りこな
す力量が十二分にあると判断したことからプロジェクトがスタートした。この参戦はま
ったくスポットというわけではなく、来年以降のF3000活動も予定されている。来
週の火曜と水曜に行われる鈴鹿テストが彼のF3000初体験となる。F3の経験が全
く無い若手ドライバーのF3000参戦は大変希であり、活躍が期待される。
14.予選1回目タイム(暫定)
マシン                                  ドライバー          タイム
1 #39 TOYOTA SUPRA    J・クロスノフ   1’29.628
2 #40 タイサン スターカードF40    太田哲也      1’30.171
3 #10 Johnson SKYLINE      飯田章            1’30.448
4 #35 タイサン スターカード962C  A・レイド         1’30.696
5 #100 ADVAN PORSCHE     土屋圭市           1’30.774
6 #34 タイサン スターカードF40  鈴木恵一          1’31.078
14 *70 外国屋スカイラインGTSーR    福嶌稔大           1’37.059
15.O.ララウリとポルシェ962C
 今回962Cに近藤真彦と共に乗り込むA.レイドは、O.ララウリのアドバイスを参
考にしてマシンをセッティングしている。ララウリは956/962Cで10年間も世
界選手権を闘ってきたベテランであり、962Cについては全てを知りつくしている。
ララウリは特にスプリングの硬さやサイズ等を詳しくアドバイスしているが、スペアパ
ーツに限りがあるため他のチームから急遽スプリングを借りてセットアップを行って、
サスペンションはほぼ満足出来る状態まで仕上がってきた。
16.*70 外国屋スカイライン
 予選中頃に第1ヘアピンでコースアウトし、クラッシュしてしまった。ドライバーの
石橋義三は「いや、ちょっと滑ちゃって。フロントのエアダムが壊れてしまった。ま
あ、交換すれば何とかなりますから、午後はがんばりますよ」と語った。
17.*29 KORG KEGANIポルシェ
 シリーズ序盤戦で大活躍をしてしまったKEGANIポルシェは、今回も60kgの重
りを当然乗せて走行している。マネージャーの西川さんによると「うちは開幕戦の優勝
は実力ですけど、次のハイランドは他が潰れちゃって、棚からぼたもちどころか東京タ
ワーから落ちたぼたもちを食べさせてもらって勝っていますから、他のマシンが決まっ
てきて今回も“後ろから見守り走り”でいくしかないですよ。6ポイントしか差が無い
からM3にがんばってもらわないと……。金曜のエンジン・トラブルは電気系です。来
年のルマンは残念ながらまだ見えてきていません。もう少し時間がかかると思います」
18.#1 影山 正彦
 午前は雨が降ったり止んだりで、走りにくかった。コースアウトする車もあって、コ
ンディションは良くないですよ。でも、マシンの方はいい。というか、いつもと変わら
ないですよ。アタック走行は1回だけやったんですけど、遅い車に引っかかって上手く
行きませんでした。いや、ほんと、いやですよ。もし決勝で、周回遅れに引っかかった
り、ぶつけられたら目も当てられませんからね。
19.#10 飯田 章
 昨日はエンジンにトラブルがあったけれど、今日はもう問題はない。でも昨日走れな
かったから午前の走行は、セッティングしながらでした。まあ、それでこのタイムなら
まずまずでしょう。午後はがんばって、もう少し前に行きたいですね。うちの車はN1
仕様エンジンだから、決勝はむずかしいから、予選ぐらいいいとこ見せないとね。
20.#100 土屋圭市
 午前はやっぱり、ギアが合ってなくて、ちょっと苦しかったです。メカニックに今交
換してもらってます。だから、午後の予選はもっといきますよ。
22.明日は大入り袋の用意が必要!?
 今回のGTレースは、“西日本サーキット”からコースが変わって“MINEサーキ
ット”となって以来最高のチケット前売り状況を示している。春に行われたF3000
の決勝の入場者数はすでに前売りのみで越えているという。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース