Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GT Rd.4 GTインサイドレポート4

'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/10
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  7              for FMOTOR4
19.#40 タイサン・スターカードF40
「ポールポジションを取れてうれしい。フェラーリF40は正真正銘のGTカーだから
ね。チームのスタッフが良い仕事をしてマシンを良く熟成させてくれた。富士はスト
レートが長いし良く走ったけど、ここに来るまで菅生ではどうなのか予測出来なかっ
たんだ。でもコーナリング時のバランスも良いし、コーナーとストレートのコンビネ
ーションも良い。アドバン・タイヤもエンジンも良い。パワーではたぶんポルシェR
SRターボの方が上だと思う。ストレートではあのポルシェが1番速いんじゃないか
な。明日はスタートからトップに立って出来るだけリードを広げてピットに入って来
たい」(アンソニー・リード談)
20.#39 SARDスープラGT
「予選2位というポジションには満足しているよ。昨日は3番手だったし、フルタン
クで若干アンダーが出ているけどフィーリングは良くなっているし。本番レースのた
めのシュミレーションもやったんだ。フルタンクで1分27秒台だ。明日の作戦? 作
戦はない。全開で行くだけさ。出来るかぎりのスピードで走るよ。ペースを抑えて完
走狙いなんかしないよ!」(ジェフ・クロスノフ談)
21.#9 amomポルシェRSR
「タイムには満足している。あのマシンで1分28秒4は限界だよ。コーナーリング・
スピードは良いんだ。スカイラインの何台かとは競り合うことが出来たしね。あれに
ターボが付いていれば1分24秒台だな(笑)。トップを狙うことは出来ないけど、大
事なことはみんなが満足することなんだ。チームも、スポンサーもみんな満足してい
る。明日は他のマシンが潰れればチャンスが増えるけど、トップ5を狙うよ」(マウ
ロ・マルティニ選手談)
'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/10
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  8              for FMOTOR4
22.#9 森脇基恭
 午前中の予選でシフトリンケージを破損。その他にほとんどトラブルもなくシフト
リンケージも修復し午後の予選は7番手となった。
「まあ徐々に速くはなっているんですが、厳しいよね。レギュレーションでエンジン
はほとんどいじれないから、サスや駆動系のセッティングが中心になってくる。でも
それも限界があるよね。スカイライン勢が壊れてくれないと厳しいね。フロント・エ
ンジンよりリア・エンジンの方が有利だと思ったんだけどね。それにポルシェももっ
と信頼性が高いと思ったらそうでもないんだよね。前回は6位かと思ったら7位だっ
たし、今回はなんとかいい順位を確保したいですね」
23.#2 ZEXELスカイライン
 午後の予選で鈴木利男は1コーナーでコースアウト。カウルの下部を破損したが、
大事にはいたらずマシンにも影響がないとのこと。
24.#100 アドバンポルシェ
 第3戦富士に続き、素晴らしいパフォーマンスで予選3位を獲得したアドバンポル
シェ。国光&圭市のドリキンコンビとポルシェRSRターボは、最高のコンビネーシ
ョンを見せた。国光は語る。「マシンは、すごく感触が良いよ。エンジンはじめ、マ
シンを酷使しなくても、それなりに走ってくれんるんだね。ポルシェって言うクルマ
はこういうところがすごいんだね。まさにGTカーだよ。今日はタイヤとのマッチン
グも上手くいったし、文句無し。決勝レースでは圭ちゃんにスターティングドライバ
ーやってもらって、僕はレースを楽しませてもらいます。気持ちいい走りをすれば、
結果はあとから付いてきますよ富士のようなことも、そうそうないでしょうしね」
25.#10 Johnson SKYLINE
 FRのGTRとはいえ、N1エンジンのマシンでGTRの予選最速勝ち取ったのは、
GT最年少の飯田章。筑波のツーリングカーで右足を完治しておらず、右足だけスニー
カーを履くという苦労のドライビングだった。「2回目の方がコースコンディション
が良くなったんで、ウイングを少し寝かせて走ってみました。マシンは結構いい線い
ってました。自分には細かいミスもあったから75点ていうところかな。N1エンジ
ンだから一発タイムは出るけど、決勝はしんどいかな。無理せずに、じっくり行きま
すよ。足ですか、レーシングシューズじゃないけど大丈夫ですよ。ファンにもらった
千羽鶴もありますしね」
 マシンはドアをカーボンにするなど、富士に比べて30kgも軽量化されている。こ
れも今回の好結果にも結びついているのだろう。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース