Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000 速報   [Rd.4 Suzuka]

                  Rd.4 Suzuka
           [ MILLION CARD CUP RACE Round2 SUZUKA ]
                  1994.5.22
             《F3000速報レポート》
 ----------------------------------------------------------------------------
 ■アピチェラ、美祢に続き今季2勝目を飾る
 Report/福田 陽一(Yoichi Fukuda)
  1994年全日本フォーミュラ3000選手権シリーズの第4戦「ミリオンカード
 カップレース・ラウンド2鈴鹿」の決勝は、5月22日、三重県の鈴鹿サーキットで
 行われ、予選3番手からスタートしたマルコ・アピチェラ(童夢F104/無限)
 が、絶妙のスタートを決め、好天に恵まれた鈴鹿サーキットで34周に渡る完璧な
 レースを見せ、前回の美祢に続き今季2度目、2連続勝利をものにした。
  ポールポジションの服部尚貴(レイナード94D/無限)は、タイヤ選択の問題か
 らか序盤から思うようにペースが上げられず、精彩を欠いたが、レース中盤の後方か
 らの激しいプレッシャーを撥ねのけ、我慢のレースを展開、みごと3位、表彰台の一
 角を確保した。
  一方、2番手スタートのロス・チーバー(レイナード94D/無限)は、服部と同
 じマシンながらタイヤ選択やマシン・セッティングに微妙な変化をつけ、スタートで
 アピチェラに続く2番手を奪取したが、最後までアピチェラに追いつけず、2位に終
 わり、開幕戦の再現はならなかった。
  4番手、5番手、6番手スタートの黒澤琢弥(ローラT94-50/無限)、アン
 ドリュー・ギルバート-スコット(ローラT93-50/無限)、マウロ・マルティ
 ニ(ローラT94-50/無限)は、序盤から激しいバトルを展開したが、ギルバー
 ト-スコットが18周目にスピンし戦列を離れ、黒澤が4位、マルティニが5位を得
 る結果となった。
  期待の金石勝智(ローラT93-50/DFV)、星野一義(ローラT93-50
 /無限)は、スタート直後の2コーナーでコースアウトしともにリタイア。桧井保孝
 (レイナード94D/無限)も、終盤まで健闘していたものの30周目にシケインで
 コースアウトしてリタイアした。
 ----------------------------------------------------------------------------
 ☆ 詳しいレースの模様は、後ほど『F3000 レポート』でお伝えします。
 ----------------------------------------------------------------------------
                             福田 陽一(NBG01300)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース