Archives

  • [—]2020 (88)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポート12

Rd1 富士スピードウェイ                                        Date 5/01
4月30~5月1日
GT インサイド・レポート 12                                 for FMOTOR4
45.土屋圭一のレース予想
 スタートから962Cがレースを引っ張り、息切れしたところで、影山正彦の#1
2カルソニックスカイラインが出る。影山正彦の様子を見て最後の最後でレース巧者
の長谷見昌弘の#3ユニシア・ジェックス・スカイラインが仕掛けるだろう。鈴木利
男の#2 ZEXELスカイラインは、今回は手堅く上位を狙ってくる。外車勢は、
はじめはそこそこのペースで付いてくるだろうが、耐久性は未知数。後半にはタイヤ
にも不安がでてくるだろう。F40はサスペンションとボディ/シャシーの剛性に爆
弾をかかえている。まったくの新車は、来年にならないと分からない。
 最後にはスカイライン同士の激しい争いとなるだろう。
46.スタンド裏は原宿・竹下通り状態
 徹夜組も登場したGTフィーバーは、朝になっても止まるところを知らない模様。
9時過ぎには、メインスタンド側の駐車場は満杯状態となったため、1コーナー先の
サブゲートを開いて、以後観客は1コーナー裏の駐車場に誘導された。
 レースの合間のスタンド裏は人々の波。原宿・竹下通りか代々木のライブUFOも
顔負けの混雑となってきた。焼きそばやラーメンの売店には昼前というのに十数人の
列ができ、10時頃にはスタンド売店の公式プログラムは完売となった。
47.思わずほおの緩む大会関係者
 今日の朝、大会役員をはじめとする関係者のあいさつは決まっていた。「見た、あ
のお客さんたち。すごいなぁ」。見合わせる顔には、自然に笑みがうかんでいた。G
Tアソシエーションの会長である高橋国光は、いつもの道ではFISCOに入ること
が出来ず、「あっちの方までグルッと、大きく裏道を回って来ちゃったょ」と、本当
に嬉しそうに話していた。
48.“チークニ”イベントは大盛況!
 GTアソシエーションの会長を務めながら、マシンが間に合わずレースに参加出来
なかった高橋国光と土屋圭一の通称“チークニ”コンビは、スタンド裏のADVNテ
ントで「ごめんなさいイベント」を開いた。2人に特別ゲストの飯田章が到着すると
アッと言う間に100人近くの人垣ができあがり、肩車やカメラバックを使ってのぞ
き込むファンが何人も現れるほど。ドリキン土屋の軽妙なトークに、国光が絶妙のボ
ケをかまし、飯田が土屋にいじめられると会場がドッと沸き、レース前のファンに大
きな話題を提供した。
 *“チークニ”とは、チーム国光のコードネームです。
49.焼きそばおじさんも驚く観客の入り
 この観客の入りを予想できなかったのは、売店のオヤジさんたちも同じようだ。午
前中に列の出来る状態に、早くも汗だくとなっていた。「いや、ほんとに多いよね。
麺は大丈夫だけどキャベツが心配だぁ」と、嬉しい悲鳴が上がっていた。一方、レー
ス・グッズの売店は「お客さんは多くて良いんだけど、売り上げはもうひとつ。やっ
ぱ、不景気なのかな」とちょっと浮かない表情だ。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース