Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000-3:星野レーシング・リリース

●ホシノレーシング・決勝レース・プレスリリース
◆大会名:オールジャパンF3000美祢オールスターレース
◆開催日:5月8日(土)予選、9に地(日)決勝
◆天候・気温: 決勝=雨・16度C
◆出走台数:24台
◆決勝順位 24周目リタイア
《決勝 状況》
 天気予報通り決勝日は雨のウェットコンディションとなってしまった。朝の
フリー走行でかなりの手応えを感じた星野は、昨日の予選とはまったく違う明
るい表情で決勝に向けて意欲的だった。それも昨日の予選の低迷が、エンジン
の補機類にあったのが昨日の夕方になって判明したからであった。
 雨足が強まることを考えて深溝のタイヤをチョイス、スタートした。水煙の
中、好スタートをきった星野は、一気に順位をアップ、1周目の順位は6位。
その後もどんどんと順位をアップする積極的なレースを展開した。そしてトッ
プを行くアーヴァイン選手がスピン、3位へ。6周目には鈴木選手をとらえて
2位に上がった。
 その後、フレンツェン選手にパスされて3位でレースの中盤戦に突入してい
った。
 ところが2位マルティーニ選手を追走中、ストレート手前の左コーナーでス
ピン、マシンは完全にコントロールを失ない、ピット前のガードレールに激突
してしまった。
 コクピットの中で意識を失なってしまった星野とマシンはコース上にストッ
プ。このアクシデントでレースは中断した。
 医務室に運ばれた時に星野は意識を快復、外傷はなく、精密検査のために病
院に向かった。
 レースは2パートに分かれ、その2パート目で再びチーヴァー選手のクラッ
シュによってレース中断。その時点でレースは終了した。1パートと2パート
の総合タイムでマルティーニ選手が優勝を飾っている。
  以上
                   ホシノレーシングチーム


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース