Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

International F3 League

IF3:インターF3:キャビン予選リリース

◎キャビン・レーシング・チームのリリース
 ◇ドライバー:高村一明
 ◇マ シ ン:ラルトRT36・無限
◎データ
 マシン:全日本F3選手権シリーズ開幕戦に用い、その後予備車両となってい
たラルトRT36・無限を用いる。このマシンは、先週のマカオGPを走った後、マ
カオから空輸されてきたもの。直線スピードの高低がラップライムを左右する富
士スピードウェイに合わせて、メインウィングを取り外し、翼端板を切り取るな
ど、空力セッティングに大幅な変更を加えている。これによりダウンフォースは
減少するが、空気抵抗も減ってエンジンパワーの浪費がなくなりトップスピード
が伸びる。
◎公式予選
 午前中は曇天ながらドライコンディション。高村は小型ウィングを取り付ける
など高速セッティングを施して出走した。しかしラルトRT36はその性質上、直線
スピードが伸びなかったため、苦戦。ラップタイムは中位で上下するが、セッシ
ョン終了直前のタイムアタックがきまり、最終的に11位につけて1回目の予選を
終えた。
 午後の2回目のセッションが始まる直前に雨が振り始め、コースはウェットコ
ンディションとなる。チームは、マシンのダウンフォースを増やすため、通常の
メインウィングを取りつけてセッティングを変更し、高村をコースへ送り出した。
高村は、周回毎にラップタイムを交信、上位に名を連ねた。セッション終了直前、
コースコンディションが好転したと見てピットイン、メインウィングの角度を減
らしてトップスピードを増すセッティングへ変更した。しかし、再び雨が降り始
め、最後のタイムアタックは徒労に終わってしまった。
◎談話
高村一明:「今シーズン最後のレースだから、なんとかいい結果を残したいと思
っています。でも、ラルトは直線でスピードが乗らないので、非常に厳しい戦い
です。リヤウィングを小さくすれば、当然コーナーは苦しくなるんですが、その
ハンディはみんな同じだし、頑張れば乗り切れる自信はある。午後は、周回毎に
コンディションが良くなっていったので、それにつれて、ウィングを寝かしたく
なったんです。それでピットインしてウィングを寝かし、最後に思い切ってアタ
ックをかけようと思ったんですけれど、ちょうどそこでまた雨が降ってきてしま
った。明日は、やっぱり晴れた方がいいですね。もし降るなら、土砂降りのほう
がいい。土砂降りならば、マシンの差は出なくなりますからね」
金子監督:「ラルトは、トップスピードが決定的に伸びないマシン。今日もスト
レートで速いクルマと時速にして10km以上も違うんだよ。これではなかなか勝負
はできない。明日は、決勝レースに出走するためにも、まず選抜レースで生き残
らなければいけない。最後まで走ることを目標にして、目一杯走るのは決勝にす
るように言うつもりでいる。確かに雨が降ればマシンの差は出なくなるけれども、
やはり明日は降らない方が嬉しいね」
  提供:キャビン・レーシング事務局
  すがやみつる/FMOTOR4-Manager/SDI00104/RIJ


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース