Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

プロミス&レイナードRT R11リリース

                          1992年11月16日
-1992年全日本F3000選手権シリーズ第11戦(最終戦)-
レースを4位でフィニッシュするも、タイトル獲得は成らず
前回のレースで6位に入賞し、1ポイントを獲得したことでシリーズチャンピオンへ
の可能性を残したプロミス&レイナード・レーシングチームとドライバーのロス・チー
バーは、ラストチャンスに掛けるべく、最終戦の鈴鹿へと臨んだ。
[11月14日:予選]
青空の広がる鈴鹿サーキット。予選は、午前中と午後に40分ずつ設定されている。
1回目の予選は、前夜の降雨でコース上に濡れた部分が残ったため、ほとんどのチー
ムがタイムアタックを午後の2回目で実施する構えだ。プロミス&レイナード・レー
シングチームも、他チームと同様に2回目の予選にすべてを掛けることを決定する。
この予選へ向けて、チーバーはたいへんリラックスしていた。「調子はまずまずだと
思う。明日がもっと良い日になることを望んでいるよ」と笑顔で話す。そして、いよ
いよ2回目の予選が開始となった。約15分程が経過したころマシンに乗り込んだチー
バーは、1分44秒499のタイムを出す。この時点では、トップの服部尚貴選手に
0.1秒遅れの2番手のタイムだが、チーバーはまったく意に介さない。メカニック
達に「マシンはOK」のサインを送る。他のドライバーがさらにタイムアップする中、
予選終了10分前に再びマシンに乗り込んだチーバーは、終了間際に1分42秒93
4のベストタイムを叩き出し、今季6回目のポールポジションを獲得したのであった。
[9月26日:決勝]
早朝に行われるフリー走行では、不運にもチーバーのマシンにクラッチトラブルが発
生し、コースを周回することができなかった。そして決勝レースのスタートを迎え、
シグナルは赤から青へ。鋭くダッシュを決めようしたポールポジションのチーバーだっ
たがしかし、激しいホイールスピンを喫し、マシンが思ったほど前へ進んで行かない。
その間に、フロントロー2番グリッドに並んでいた服部選手がチーバーをパス。服部
選手の先行を許したチーバーだったが、3番手の黒沢琢弥選手以降を従え、ファース
トラップは2番手でメインスタンド前を通過した。トップに立った服部選手は序盤か
らハイペースで逃げ、チーバーとのリードを広げていった。「朝のフリー走行を走れ
なかったのでレースセッティングが十分煮詰まらず、アンダーステアが強く厳しいレー
スとなった」と、チーバーは話す。レースは、最終戦にふさわしく序盤より白熱した
バトルが展開され、チーバーはコーナーで3位黒沢選手の激しいアタックを受けなが
らも、レイナードの直線スピードの速さを生かし、2位を死守する。ところが、21
周目の130Rでついに勝負に出た黒沢選手に先行されてしまう。以後3位のポジショ
ンをキープし、チェッカーを目指すが、ラスト2周、4位につけていたトーマス・ダ
ニエルソン選手にマシンをヒットされ、バランスを失う。ダニエルソン選手はそのま
まコースアウト、チーバーは絶妙のコントロールでマシンを立て直すが、その間に5
位につけていたH・H・フレンツェン選手に先行され、結局4位でのフィニッシュと
なった。
      ド ラ イ バ ー & チ ー ム 監 督 コ メ ン ト
●ドライバー/ロス・チーバー(Ross Cheever)
 チームのみんなは大変頑張ってくれた。それでもレース中は走るたびにマシンのア
ンダーステアが強くなってしまい、苦しい戦いをすることになった。精一杯頑張った
んだんけど、チャンピオンには届かなかったよ。僕は、何としてもチャンピオンを取
りたい。まだ最終的な決断をしていないけれど、来年もまた日本で走ることになれば、
今度こそチャンピオンを取りたいと思っている。みなさん、この一年間どうもありが
とう。
●チーム監督/本間勝久(Katsuhisa Honma)
 残念でしたね。朝のフリー走行を走れず決勝レースへのセッティングが完璧でなかっ
たのが惜しかったです。シーズンを通してみなさんに応援していただきましたが、今
ひとつ、力が及ばなかったということでしょうか。1年間応援をありがとうございま
した。
レースデータ
●開催日/11月14日(予選)~15日(決勝)
●開催地/鈴鹿サーキット(三重県):1周5.86403km
●主催者/株式会社鈴鹿サーキットランド、鈴鹿モータースポーツクラブ(SM
   SC)
●観客数/予選日:15,000人/決勝日:46,000人
●天 候/予選日:晴れ、21℃/決勝日:曇り、15℃
[シリーズポイントランキング]
1位 :マウロ・マルティニ        35点
2位 :鈴木利男             30位
3位 :ロス・チーバー          29点
4位 :フォルカー・ヴァイドラー     26点
5位 :黒沢琢弥             21点
    服部尚貴             21点
7位 :ローランド・ラッツェンバーガー  19点
8位 :エディ・アーヴァイン       17点
    アンドリュー・ギルバート・スコット16点
10位:マルコ・アピチェラ        13点
11位:パウロ・カルカッシ        11点
12位:星野一義             10点
    トーマス・ダニエルソン      10点
14位:ハインツ・ハラルド・フレンツェン  5点
    ミカ・サロ             5点
16位:和田 久              2点
    小河 等              2点
19位:リカルド・ライデル         1点
    和田孝夫              1点
    古谷直広              1点


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース