Archives

  • [—]2021 (257)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

その他

レイトンF3000鈴鹿タイヤテスト情報

LEYTON HOUSE RACING TEAM
PRESS INFORMAITON
F3000タイヤテスト  鈴鹿サーキット
1990年11月1日 木曜日
 タイヤテスト2日目、チームレイトンは関谷が昨日に引き続きセッティングデータ
を収集する一方で、レイトンハウスのスポンサードを受け、今年イギリスF3シリー
スにウエストサリー・レーシングから参戦していた田中実を本日のテストに招へいし
た。
 イギリスから帰国したばかりで、昨夜サーキット入りした田中は、入念なシート合
わせを行い、今日のセッション開始と同時にコースインした。レイトンハウス90B
を知り尽くしていた関谷からのドライビングアドバイスもあり、田中は大きなトラブ
ルもなく午前、午後のセッションの計6時間を走りきり、64ラップをコンプリート
している。
関谷:「午後のセッションでギアボックスのトラブルが出てしまって、少しタイムロ
スした。テストプログラムが全てこなせなくて残念だげど、方向性は確認できている。
明日、今日のロスを補いたいね。」
田中:「F3000に乗るのは今回が始めて。とにかくF3とはパワーの違いがすご
いね。下のトルクが大きくて、ドライブが楽しい。それにチームのみんながピッタリ
のシートを作ってくれたんでポジションからくる不具合もなかった。関谷さんのアド
バイスもすごく参考になった。でもさすがに首にきましたね。今、F3000を体で
感じているところです。明日も頑張ります。」
         タイムデータ
順  ドライバー       午前           午後
 1 和田 孝夫    1分50秒10  22/32  1分46秒50#  49/54 QF
 2 M.マルティニ  1分50秒10  19/26  1分47秒01#  30/33 QF
 3 松本 恵二    1分50秒09  29/33  1分47秒32#  16/22 QF
 4 G.リース    1分50秒60  38/39  1分47秒84#  15/22 QF
 5 中谷 明彦    1分50秒07  31/38  1分48秒17#  43/46
 6 片山 右京    1分49秒92  26/23  1分48秒55#  54/55
 7 岡田 秀樹    1分51秒18  10/19  1分48秒60#  26/35 QF
 8 R.チーバー   1分49秒50  16/24  1分48秒76#  16/27
 9 星野 一義    1分49秒35  14/25  1分49秒18#  10/17
10 小河  等    1分49秒83   8/38  1分49秒59#  24/49
11 V.バイドラー  1分49秒65  19/27  1分49秒63#  29/36
12 中子  修    1分51秒39  18/24  1分49秒70#  34/36
13 高橋 国光    1分49秒72#  26/34  1分50秒60    2/ 7
14 長谷見昌弘    1分49秒95  32/35  1分49秒73#  33/33
15 黒沢 琢弥    1分49秒74#  13/16  1分51秒18   12/13
16 関谷 正徳    1分50秒66   9/25  1分50秒01#  27/30
17 M.S.サラ   1分51秒56  14/21  1分50秒24#  20/26
18 T.ダニエルソン 1分50秒60  28/35  1分50秒37#  28/39
19 J.クロスノフ  1分50秒45#   7/13  1分51秒32   5/ 6
20 鈴木 利男    1分51秒18   8/17  1分50秒69#  42/47
21 E.ベルタッジア 1分50秒95#  17/18  1分51秒32  36/39
22 茂木 和男    1分54秒48  14/14  1分52秒21#  20/45
23 田中  実    1分55秒84  12/27  1分53秒76#  34/37
 ※ #はベストタイム
1990年11月2日 金曜日
 テスト最終日の今日はの走行時間は、午前9時から正午までの3時間のみとなって
いる。そのため各チームともセッション終了間際になると、次々と予選タイヤをトラ
イし始め、タイムも最終的には1分45秒台が出るなど全体的にかなりタイムアップ
されている。 チームレイトンの関谷正徳はセッション序盤に予選タイヤでタイムア
タックし、1分46秒50というまずまずのタイムをマーク。その後はセッション終
了までレースセッティングに集中し、来る最終戦に向けておおむね良好なフィーリン
グを得た。
 一方、ニューカマーの田中実は、昨日に引き続いてF3000マシンに慣れるため
に合計29ラップをこなし、最終ラップには1分51秒25をマークしてテストを終
えた。
関谷:「とりあえずテストは終わったけども、タイム的には昨日のトラブルを考えれ
ばまずまずじゃないかな。あとは本番になっていかにセッティングを煮詰めるかだね。
」
田中:「今日はF3000のパワーにも、徐々に慣れてきた。でも、まだまだシフト
チェンジやアクセルコントロールが甘いですよ。今回はチームのメカニックのみんな
が良くしてくれたんで、全てテストはスムーズにいった。とてもいい経験になりまし
たよ。でもF3000はさすがに体にきますね。」
    タイムデータ  天候:晴れ
順  ドライバー      タイム
 1 星野 一義    1分45秒84 22/29 QF
 2 V.バイドラー  1分46秒45 33/33 QF
 3 関谷 正徳    1分46秒50 13/30 QF
 4 和田 孝夫    1分46秒92 21/22 QF
 5 中谷 明彦    1分46秒93 31/31 QF
 6 片山 右京    1分47秒04  9/37 QF
 7 R.チーバー   1分47秒39 33/33
 8 J.クロスノフ  1分48秒29 33/35
 9 長谷見昌弘    1分48秒49  7/ 7
10 鈴木 利男    1分48秒53 25/30
11 T.ダニエルソン 1分48秒74 19/19
12 E.ベルタッジア 1分48秒99 32/32
13 茂木 和男    1分49秒16  7/13
14 福山 英夫    1分49秒17 16/32
15 M.マルティニ  1分49秒41 21/24
16 小河  等    1分49秒46 12/13
17 G.リース    1分49秒74  8/18
18 高橋 国光    1分49秒98  9/15
19 黒沢 琢弥    1分50秒15  7/28
20 中子  修    1分50秒20 20/31
21 岡田 秀樹    1分50秒31 19/19
22 太田 哲也    1分50秒42 10/14
23 田中  実    1分51秒25 29/29
24 金石 勝智    1分51秒33 30/33
  (タイムはレイトンハウス・レーシングチームによる非公式タイム)
  提供:レイトン・インターナショナル


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース