Archives

  • [—]2021 (257)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

その他

レイトンF3000鈴鹿タイヤテスト情報

LEYTON HOUSE RACING TEAM
PRESS INFORMATION
F3000タイヤテスト  鈴鹿サーキット
1990年10月31日 水曜日
 F3000第9戦、富士ファイナルからわずかに2日のインターバルをおいて、1
0月31日より3日間にわたるF3000合同タイヤテストが始まった。もちろん、
このテストは1990年全日本F3000シリーズ最終戦、スーパーファイナルラウ
ンドIN SUZUKAへのデータ取りのためである。
 チームレイトンは前戦富士で見せた関谷正徳、クリスチャン・ダナーの好パフォー
マンスを最終戦につなげるため、このインターバルの2日間でマシンのセッティング
を吟味しての鈴鹿入りとなっている。
 テスト初日の今日のメニューは、数種類の新セッティングのトライを改良パーツの
チェック。いつものように関谷とダナーが手分けしてデータ取りを進めることに集中
した。
関谷:「まだコメントするには早すぎるね。他のドライバーのタイムもどこまで伸び
てくるか。今日はまだ様子を見てる状態だ。それに予選用タイヤもまだトライしてい
ないし。とにかくデータ収集が先決だよ。」
ダナー:「新しくトライしたセッティングは、いくつかのコーナーでちょっとアンダー
ステアが強いなかといったところ。タイムのほうは、レースセッティングに近い満タ
ンの状態だから、伸びてないけど気にしてはいないよ。」
タイムデータ 10月31日 PM3:00~PM5:10
 順 ドライバー      タイム
 1 小河  等    1分46秒90  38/38 QF
 2 片山 右京    1分47秒69  23/23 QF
 3 V.バイドラー  1分49秒10  39/41
 4 松本 恵二    1分49秒60  25/27
 5 関谷 正徳    1分49秒70  18/20
 6 T.ダニエルソン 1分50秒48  17/24
 7 高橋 国光    1分50秒58  11/16
 8 中谷 明彦    1分50秒67  25/27
 9 R.チーバー   1分50秒69  23/23
10 和田 孝夫    1分50秒78  20/25
11 中子  修    1分50秒96  21/25
12 黒沢 琢弥    1分51秒32  20/20
13 C.ダナー    1分51秒81  16/21
14 茂木 和男    1分52秒70  18/22
 ※タイムはチームレイトンの非公式手動計測による。
  提供:レイトン・インターナショナル


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース