Archives

  • [—]2020 (92)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

その他

レイトンF3000テスト情報(10/12)

LEYTON HOUSE RACING TEAM
   PRESS INFORMATION
富士スピードウェイF3000合同タイヤテスト
11月12日 金曜日
 テスト2日目の今日12日は、第1回目のセッションが、午前8時からとなっている。
そのため、初秋の富士山麓は、早朝の気温が11.8度Cと低く、コンディション的には、
マシン・セッティングが昨日とは異なることが予想された。そのうえ、空には、どん
よりと雲がたれ込め、テストに参加した多くのチームは、タイヤウォーマーをレイン
・タイヤに装着する。
 第1セッションが終わる頃には、気温も15度Cにまで上昇。コンディションは、昨
日と同等にまでなり、各チーム共に本格的なデータ取りに忙しくなる。ところが、午
前11時に第2セッションが始まると、霧雨がサーキットを覆い出している。ただし、
ラインはドライのまま変わらず、テストは、そのままスリックで続行された。
 霧雨も上がり、霧の切れ間から陽光が射し始めた午後になると、気温は、最高で17.
8度Cまで上がってきた。おそらく、来たるレースでは、雨RGA降らなければ時間的
には、このあたりのコンディションとなるはずだ。そして、この時間帯になると、多
くのトップ・チームは2日間のデータを元に、予選シュミレーションに入る。
 このような一般状況の中で、レイトンハウス・レーシング・チームは、レース・セッ
ティングに集中し、あえて予選セッティングは行わず、マシンのハンドリング・バラ
ンスの変化を探りながら、さまざまなセッティングをトライした。
 関谷正徳:コメント
 「基本的には、昨日までと同じく、最後までセッティングのデータ取りに集中した
よ。あらかじめ、テストのプログラムは組んでおいたから、すべてのメニューをこな
したって感じだよ。だけど、まだまだかな。まわりの方は、最後は予選セットで、行っ
ていたみたいだけど、今回ばかりはマイペースさ。レース・セットのタイムは、コン
スタントに、そこそこまで行ったと思う。今度のレースでは、今回のテスト・データ
が十分に反映されつはずだよ」
●タイム
          セッション1 セッション2 セッション3
1 星野一義        1:18.29       1:18.53       1:17.10*     QF
2 小河 等    1:18.64       1:18.28       1:17.20*     QF
3 マルティニ   -------       1:18.23       1:17.34*     QF
4 クロスノフ   -------       -------       1:17.36*     QF
5 中谷明彦        1:17.85       1:17.59*      1:18.11
6 長谷見昌弘   -------       1:19.16       1:17.70*     QF
7 岡田秀樹    1:19.34       1:19.25       1:17.75*     QF
8 片山右京    1:17.78*      1:18.85       1:18.27
9 松本恵二    -------       1:18.17       1:17.85*     QF
10 サラ      1:19.91       -------       1:18.25*
11 バイドラー   1:18.52       1:18.96       1:18.27*
12  関谷正徳    1:18.61       1:18.60       1:18.43*
13  金石勝智    1:19.60       -------       1:18.73*
14  太田哲也    1:19.68       -------       1:18.81*
15  鈴木利男    -------       1:19.44       1:18.86*
16  ダニエルソン  -------       1:18.94*      1:19.23
17  チーバー    -------       -------       1:18.94*
18  高橋国光    1:19.00*      1:19.29       1:19.52
19  ベルタジア   1:19.03*      -------       1:19.06
20  池谷勝則    -------       1:20.23       1:19.13*
21  影山正彦    1:20.72       1:19.58*      -------
 タイム・チャートは、チーム・レイトンの非公式手動計時による。
  提供・レイトン・インターナショナル


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース