Archives

  • [—]2019 (407)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

その他

片山義美選手プロフィール

 ドラサロで先日のJSPCで引退した片山選手に対するラブコール?がありました
ので、プロフィールをアップします。
-------------------------------------
●片山義美選手 プロフィール
 かたやま・よしみ。1940年5月15日、兵庫県生まれ、50歳。
 2輪ロードGPライダーして活動するかたわら、64年の第2回日本GP(鈴鹿)
でマツダ・キャロルを駆って4輪デビュー。2輪では65~67年とスズキ・ワーク
スに属し、67年には50ccクラスで激しいチャンピオン争いの末に2位にライキ
ングされる。
 この間、4輪では、シンガポールGPで66~67年優勝、マカオGP(ツーリン
グカー)で66年2位/67年優勝(以上マシンは全てファミリア)。68年以降は
4輪に専念するが、東洋工業(現マツダ)の方針によってしばらく海外のみの活動で、
そのため伝説的な存在となる。ロータリークーペを駆って、69年スパ24時間5位、
70年ニュルブルクリング6時間6位、同年スパ24時間では優勝目前でリタイア。
 69年11月に待望の国内参戦がなり、優勝。その後、マツダのエースとしてロー
タリークーペ/カペラ等を駆って常勝スカイラインにGTRに挑み、幾多の名勝負を
演じる。72年、サバンナRX3をもってGTR勢を駆逐し、その後は無数の勝利を
おさめた。
 KE-FJ・スズキ(71~72年のFJ360/FL500、優勝多数)、マル
チFJ・ホンダ(75~76年のFJ1300、76年のJAF-GPで優勝)、コ
ジマ011・BMW(79年のF2、最高5位)、ポルシェ956(84年の国内耐
久、優勝2回)を除けば、他はすべてマツダ(エンジン車)による活動を続ける。
 富士GCシリーズのランキングでは、77年3位、78年2位、79年3位、80
年2位、81年3位、82年7位、88年9位、トータル優勝は3回にとどまったが、
常に優勝候補に挙げられていた。耐久レースでも素晴らしい戦績を残し、77年以降
実弟・従野孝司や浅井順久、ヴァーン・シュパンらをパートナーとして10勝をマー
クしている。ル・マン24時間では84年にローラT616・マツダで総合10位=
C2クラス優勝を遂げたのが最上位。
--------------------------------------
(戦績一覧は省略)
                         資料提供:マツダスピード
                      キタジ(北島滋穂/MGG02472)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース