Archives

  • [—]2020 (85)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JSPC

JSPC:マツダ富士500マイル決勝リリース

MAZDASPEED INFORMATION
                         平成3年7月21日
全日本富士500マイルレース 決勝レース結果
マツダ787B、価値ある4位入賞
マツダ787は8位で完走
7月21日の全日本富士500マイルレースに出場したマツダスピードチームの決勝
レース結果は以下のとおり。
レースは、カーNo.201「レナウン・マツダ787B」はJ.ハーバート、カーNo.
202「マツダ787」は従野孝司がスタートドライバーをつとめた。スターティン
ググリッドは、No.201が9位、No.202は11位であった。なお、レースがスター
トした12:00の時点で、観客動員数は71,300人(主催者発表)であった。
スターティンググリッドのオーダー順にオープニングの数ラップは進行。10周目に
大きなクラッシュが発生した際、No.201のJ.ハーバートがドライバーの救出のた
め単身事故車に駆け寄った。この勇気ある行動のために2周半を失い、順位を11位
まで落とした。しかし、その後猛烈に追い上げ、上位車を次々とパス。また、天気が
快晴だったため気温が高く、タイヤやブレーキにトラブルを起こす車両が続出したが、
No.201にはトラブルは皆無であった。中盤には7位に浮上、107周目にはNo.1
00を、またその後にNo.18を抜き、4位のポジションを獲得した。124周目にJ.
ハーバートからB.ガショーに最後のドライバーチェンジ。ガショーは1分23秒台
で猛チャージを続け、ポジションアップのチャンスを狙った。
しかし、156周以降は先行する周回遅れの車両にブロックされたため、上位車との
差をつめることが叶わず、176周目のゴールは4位でチェッカーフラッグを受ける
ことになった。序盤J.ハーバートが救出活動で5分近くを失っているにもかかわら
ずノートラブルで果敢に走り続け、4位に入賞したNo.201のこの結果は、ル・マン
でのマツダ車の活躍を証明する、価値あるものとなった。
No.202マツダ787は、従野と寺田用次朗のベテラン組が、No.201同様トラブ
ルフリーで周回を重ねた。終盤に寺田がドライブ中、先行する車に追いつき、抜くチャ
ンスをうかがっていたところ、Bコーナーの立ち上がりで勢い余ってフロントノーズ
が先行車に接触。ラジエーターを損傷してしまった。ラジエーターを交換するために
ピットで14分を費やしたが、その後はやはりトラブルフリーで走行を続け、8位で
レースを終了した。
  提供:マツダスピード


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース