Archives

  • [—]2020 (85)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JSPC

JSPC:マツダ富士500マイル予選リリース

MAZDASPEED INFORMATION
                         平成3年7月20日
全日本富士500マイルレース 公式予選結果
ハーバート、ガショー組のマツダ787Bは9位
従野、寺田組は11位
7月20日に開催された全日本スポーツプロトタイプカー耐久レース選手権第3戦
「全日本富士500マイルレース」公式予選に(株)マツダスピードから出場したマ
ツダ787Bとマツダ787の予選結果は以下の通り(略)。天候は曇り、気温は最
高24度C、湿度は88%であった。
カーNo.201「レナウン・マツダ787B」は、1回目の公式予選はドライバーの完
熟を行った後、J.ハーバートがタイムアタックすることになっていた。前日の公開
練習では十分な走行ができなかったにもかかわらず、J.ハーバート、B.ガショー
の2名はすぐに予選仕様のセッティングに慣れ、ともに1分21秒台のタイムでコン
スタントに走行した。ハーバートのタイムアタックの結果は、1分19秒831で、
13台の参加車中9位であった。午後に行われた2回目の予選では、決勝レース用の
セッティングを煮詰めた。1回目の予選よりリアスタビライザーを強め、操縦性がベ
ストの状態になったので予選終了間際に再度エンジン・コンピューターとタイヤを予
選用に交換し、タイムアタックを試みたが、エンジンの吹け上がりが悪く、ベストラッ
プを更新することはできなかった。エンジン・コンピューターのマッチングが良くな
かったものと考えられる。B.ガショーは、「このレースは我々にとって条件がよい
とは言えないので、勝つことはたやすくないと思う。しかし、ベストを尽くしたい。
レースが楽しみです。」とコメントした。
従野孝司、寺田陽次朗のドライブするカーNo.202は、1回目、2回目の公式予選を
通して決勝レース用のシャシーのセッティングを重点的に行った。2回目の予選終了
直前に1回だけ予選用のタイヤを使い従野がタイムアタック。1分21秒272のタ
イムで11位の記録であった。
7月21日の決勝レースは、カーNo.201はJ.ハーバートが、カーNo.202は従
野がスタートドライバーをつとめる。
  提供:マツダスピード


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース