Archives

  • [—]2020 (97)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JSPC

JSPC:マツダ富士500マイル途中経過リリース

MAZDASPEED INFORMATION
                         平成3年7月21日
全日本富士500マイルレース 途中経過
J.ハーバート、勇気ある救出活動
7月21日に富士スピードウェイで開催された全日本富士500マイルレースに(株)
マツダスピードから出場しているJ.ハーバート(カーNo.201「レナウン・マツダ
787B」ドライバー)は、レーススタート後10周目に第1コーナーで起きた事故
に際し、勇気ある救助活動を行った。
9位のポジションからスタートしたカーNo.201は、序盤をトップグループと同等の
1分22~23秒のペースで周回。約2秒差の先行車両をとらえるべくアグレッシブ
な走行を見せていた。ところが、10周目の第1コーナーでカーNo.25が単独クラッ
シュし、車両は転倒、サンドバリアの中で火災を起こした。これを目撃したカーNo.2
01のJ.ハーバートは、ただちに車両を停車。激しく燃える当該車両のドライバー
を救助するため、真っ先に現場に駆けつけた。幸いカーNo.25の和田選手は自力で車
両から這い出し、救助された。人命にかかわる事故だったにもかかわらずレースは中
断されず、オフォシャルが到着したのを確認した後、救助活動を行ったJ.ハーバー
トは再びコースに復帰。シートベルトを締めるためピットインした。その後は、失っ
た2周を少しでも回復するため、ペースを変更することなく周回を重ねた。
約1時間後にドライバー交代のためピットインしたJ.ハーバートによると「カーNo.
25は、僕の前を走っていた。そして、第1コーナー手前で突然ボディーワークが舞
い上がり、転倒した後燃え上がった。これは大変な事故だと判断し、すぐに車を止め
てドライバーを助けるために走った」と語った。
今回の事故に際し、ル・マン直後の重要なレースにもかかわらず、勝負を捨てて救助
のため駆けつけたJ.ハーバートの行動は、スポーツマン精神にのっとった勇気ある
行動として賞賛をうけるべきである。
  提供:マツダスピード


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース