Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000:チーム・レイトン リリース 4/14

    《チーム・レイトン・プレスリリース》
           全日本F3000シリーズ第3戦
キャビン・インターナショナル・フォーミュラ・カップ
富士スピードウェイ
4月14日(日)
天候:雨のち曇/コンディション:ウェット>ドライ
レース
 いよいよレース当日となっても、富士スピードウェイのある御殿場地方の天候は回復
の様子を見せなかった。
 早朝から、サーキットには深い霧が立ちこめ、ストレートから1コーナーは全く見え
ないという状況だったのである。そのうえ、時折降り出す雨によってコースは完全に
ウェットとなっていた。
 そのため、オーガナイザーは天候の推移をうかがうために、午前8時20分からのF
3000のウォーム・アップの予定を遅らせていたが、状況は好転せず、結局、走行
セッションは中止となってしまう。
 その後、チームとオーガナイザーとの協議により、午前11時35分から20分間の
特別フリー走行を設けることが決定されたが、この頃には、もう霧も晴れて路面のコン
ディションは、通常のウェットでの走行が可能にまで回復していた。
 また、サポート・イベントにより、レーシング・ラインも不完全ながらドライと状況
は好転しており、レイン・タイヤで走行セッションに臨んだドライバー達は、すぐに、
スリック・タイヤに交換するためにピット・インしてくる。
 チーム・レイトンの関谷正徳は、このような状況の中で、コース・オープンとなると
真っ先にコース・イン。昨夜のうちに再度の入念なメインテナンスとレース・セッティ
ングが施されていたマシンのフィーリング・チェックを開始した。タイムはマシンが
重いフル・タンクの状態で1分21秒台と、まずまずの結果であった。
 そして、レース。好調なスタートを切って、すぐに追走に入った関谷だが、24番手
のスタートから12番手までポジションを上げてきたあたりから、思うようにタイムが
延びなくなってしまう。関谷のローラは、マシンのバランスが崩れて、ハンドリングが
悪化し始めていたのである。そして、関谷は最終的に17番手でゴールラインを通過
するまで、守りの走りに徹することとなる。
関谷 正徳
「残念な結果に終わってしまった。気分はリザルトの通りだね。後は、次の西日本に
ターゲットを絞って、セッティングを考え直すだけだよ。」
            提供:チーム・レイトン
          * FMOTOR4 Sub-sysop / 新倉 芳夫 (PBA00065)/RIJ *


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース