Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000:レイトン美祢タイヤテスト情報(4/3)

TEAM LEYTON  プレスリリース
F3000合同テスト
4月3日(水) 美祢サーキット
 美祢サーキットは、テスト3日目の今日も快晴に恵まれた。気温も昨日までとはうっ
て変わって23度Cまで上昇し、コンディション的には、来る5月に、ここ美祢サーキッ
トで行われるレースにほぼ近いものになった。
 また、今日はテストも最終日とあって、多くのチームが予選タイヤでのシミュレー
ションを行い、コースは、データ収集にあせる車両で混雑した昨日の午前、午後の両
セッションに勝るとも劣らない渋滞となってしまった。
 さらに、午前のセッションと午後のセッションの間には、2時間に渡るJAFのコー
ス査察の時間帯が設けられて走行時間は昨日より減っており、相変わらずの赤旗での
セッティング中断も手伝って、予選シミュレーションに向けてのセッティング出しの
ために、午前のセッションではコースインをあせるチームが後を絶たなかった。そし
て、それは新たな赤旗中断を招く結果となっていく……。
 このような状況の中で、チーム・レイトンの15号車クルー、16号車クルーは、とも
に午前中のセッションをレース・セッティングを煮つめるために費やし、午後のセッ
ションを予選シミュレーションに充てるプログラムを立てていた。
 まず、田中 実の15号車は、午後のセッションになると、すぐにセッティングを確
認するためにコースイン。そのラップで1分15秒84の好タイムをマークし、そのまま
予選シミュレーションに入ろうとした。しかし、いざタイムアタック・ラップに入ろ
うというときになって、エンジン・トラブルが発生。結局、1回目のタイムアタック
は完全に終えることのできないままとなってしまった。その後、エンジンの修理を終
え、再度タイムアタックに入るも、赤旗の連続で、完全にタイヤの寿命を終わらせる
こととなってしまっている。
 一方、エース・ドライバーの関谷正徳も、タイムアタックはおろか、セッティング
確認の走行ができないほど、赤旗中断に巻き込まれ、2セットの予選用タイヤを使用
するだけで2時間をフルに要してしまい、午後のセッションで3番手のタイムをマー
クするだけにとどまってしまっている。
関谷正徳:
「今回は、本当にイライラしちゃった。運転しているより、コックピットに座ってい
る方が長いんだもの。いずれにしても、1セット目の予選タイヤはライフを終わらせ
ちゃったし、2セット目も、完璧というわけにはいかなかった。でも、とりあえず13
秒台はでたから、悪いテストじゃなかったと思う」
田中 実:
「昨日も今日も、赤旗がすごかったね。特に、今日は予選タイヤでアタックしようと
していた時に、セッション中断となってしまったから。でも、みんな予選仕様でアツ
クなっているから、仕方ないよね。でも、レースは、そこそこ行けるんじゃないかな。
レース・セッティングは、かなりいいセン行ってると思うんだ」
●4月3日(水) 午前
P No. Driver------------------ Car------------- Best-LapT
1  35 J.クロスノフ           LOLA T90-50 MF-3  1'12.790
2  34 M.マルティニ           LOLA T90-50 MF-3  1'12.990
3  90 J.ラマース             DOME F102 MF-308  1'13.020
4   8 松本  恵二               DOME F102 MF-308  1'13.580
5   4 G.リース               RALT RT23 MF-308  1'13.960
6  10 V.バイドラー           LOLA T91-50 MF-3  1'14.750
7  55 E.ベルタッジア         LOLA T90-50 MF-3  1'14.810
8  57 P.カルカッシ           LOLA T90-50 MF-3  1'15.180
9  24 J.ハーバート           RALT RT23 MF-308  1'15.310
10  11 E.アーバイン           LOLA T90-50 MF-3  1'15.350
11   1 星野  一義               LOLA T91-50 MF-3  1'15.410
12   3 片山  右京               LOLA T90-50 DFV   1'15.440
13  25 R.チーバー             REYNARD 91D MF-3  1'15.450
14  77 鈴木  利男               LOLA T90-50 MF-3  1'15.470
15  12 黒沢  琢也               RALT RT23 MF-308  1'15.520
16  99 中谷 明彦               LOLA T90-50 MF-3  1'15.570
17  16 関谷  正徳               LOLA T90-50 MF-3  1'15.580
18  21 小河  等                 LOLA T91-50 MF-3  1'15.680
19  37 M.サロ                LOLA T90-50 MF-3  1'15.720
20  15 田中 実                 RALT RT23 MF-308  1'16.110
21   5 長谷見  昌弘             LOLA T91-50 MF-3  1'16.500
22  23 古谷 直広               LOLA T90-50 MF-3  1'16.600
23  26 和田  孝夫               LOLA T91-50 MF-3  1'16.900
24  27 館 善泰                 LOLA T90-50 MF-3  1'16.900
25  98 服部 尚貴               LOLA T90-50 MF-3  1'17.070
26  88 和田 久                 LOLA T90-50 MF-3  1'17.150
27   7 高橋  国光               LOLA T91-50 MF-3  1'17.390
28  20 影山正彦                 LOLA T90-50 MF-3  1'17.890
**********************************************************
●4月3日(水) 午後
P No. Driver------------------ Car------------- Best-LapT
1   1 星野  一義               LOLA T91-50 MF-3  1'13.140
2   8 松本  恵二               DOME F102 MF-308  1'13.190
3  16 関谷  正徳               LOLA T90-50 MF-3  1'13.360
4   3 片山  右京               LOLA T90-50 DFV   1'13.570
5  11 E.アーバイン           LOLA T90-50 MF-3  1'13.590
6  21 小河  等                 LOLA T91-50 MF-3  1'13.600
7  24 J.ハーバート           RALT RT23 MF-308  1'13.620
8  77 鈴木  利男               LOLA T90-50 MF-3  1'14.030
9  98 服部 尚貴               LOLA T90-50 MF-3  1'14.100
10  26 和田  孝夫               LOLA T91-50 MF-3  1'14.200
11  12 黒沢  琢也               RALT RT23 MF-308  1'14.230
12   9 T.ダニエルソン         LOLA T90-50 MF-3  1'14.350
13  37 M.サロ                LOLA T90-50 MF-3  1'14.520
14  23 古谷 直広               LOLA T90-50 MF-3  1'14.590
15   7 高橋  国光               LOLA T91-50 MF-3  1'14.750
16  25 R.チーバー             REYNARD 91D MF-3  1'15.020
17   5 長谷見  昌弘             LOLA T91-50 MF-3  1'15.090
18  15 田中 実                 RALT RT23 MF-308  1'15.180
19  99 中谷 明彦               LOLA T90-50 MF-3  1'15.510
20  90 J.ラマース             DOME F102 MF-308  1'15.850
21  34 M.マルティニ           LOLA T90-50 MF-3  1'15.850
22  57 P.カルカッシ           LOLA T90-50 MF-3  1'15.900
23  35 J.クロスノフ           LOLA T90-50 MF-3  1'15.950
24   4 G.リース               RALT RT23 MF-308  1'16.610
25  27 館 善泰                 LOLA T90-50 MF-3  1'17.400
26  20 影山正彦                 LOLA T90-50 MF-3  1'17.480
27  88 和田 久                 LOLA T90-50 MF-3  1'17.730
28  55 E.ベルタッジア         LOLA T90-50 MF-3  1'19.080
29  10 V.バイドラー           LOLA T91-50 MF-3  走行せず
30   2 中子  修                 LOLA T90-50 MF-3  走行せず
**********************************************************
 タイムはチーム・レイトンによる非公式手動計時。
 提供:チーム・レイトン


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース