Archives

  • [—]2020 (255)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

VEMAC(ヴィーマック)、今シーズンはGT500に参戦!

20030303_1.JPG
昨年GT300クラスに参戦したVEMAC RD320R (Photo:K.Takeshita)

 3月1日、(株)アールアンドデースポーツは、今シーズンは新開発のVEMAC RD350Rで全日本GT選手権GT500クラスへ参戦することを発表した。

 このRD350Rは、昨年GT300クラスに参戦したRD320Rの上位機種として、英国VEMAC社と(株)東京アールアンドデーの共同で開発されたVEMAC RD350をベースに、JGTC用に改造した車両。エンジンは、VEMAC社と英国Zytek Engineering 社とで共同で開発したV型8気筒3.4Lの専用エンジンを搭載する。

 ドライバーは昨年同様、柴原と蜜山を起用。参戦は第2戦富士(5/3-4)からとなる予定だ。

 VMACは昨年GT300クラスで3勝を挙げシリーズ2位。速さでは群を抜いていただけに、GT500クラスでトヨタ、ニッサン、ホンダ各ワークス勢にどこまで食い下がるのか注目される。

◆車両概要
ベース車両          : VEMAC RD350
車体寸法            : 4500 x 1995 x 1180 (L x W x H)
車両重量            : 1200Kg(予定)
エンジン            : 水冷V型8気筒3400cc NA ZV348型
エンジン製造元      : VEMAC-Zytek
リストリクタ        : φ31.4mm x 2 (予定、但し参加条件による)
トランスミッション  : ヒュ-ランド、6速シーケンシャル
タイヤ              : ダンロップ

◆JGTC参戦体制
参加カテゴリ        : GT500クラス
ゼッケン            : 62
車両名称            : VEMAC R&D ダンロップ 350R
チーム監督          : 本島伸次
ドライバー(1)    : 柴原眞介
ドライバー(2)    : 密山祥吾


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース