Archives

  • [—]2020 (85)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SUPER GT第7戦もてぎ予選 Z勢は決勝レースでの挽回を期す(NISMOモータースポーツニュースフラッシュ)

■Z勢は決勝レースでの挽回を期す
「WOODONE ADVAN KONDO Z」 (#24)の柳田は
スーパーラップ初体験で9位

 今年のSUPER GTはツインリンクもてぎでの第7戦を迎え、いよいよシーズン終盤に入った。

 公式予選1回目、気温が高く湿度も高かったため、じっとりとした重い空気の中行われた。ブリヂストンタイヤを装着するZ勢は前戦の鈴鹿1000kmレースで1-2フィニッシュしたため、このレースは一律25kgの重量増が課せられている。

 個別のハンディウェイトは、前回優勝「カルソニック インパルZ」(#12)が80kg、同2位の「MOTUL AUTECH Z」(#22)は累積110kg、そして「XANAVI NISMO Z」(#23)は30kg。

 #23 Zは本山哲が、#22 Zはミハエル・クルムがアタックを担当した。2台はGT500専有時間が始まるや否や積極的にコースを攻めて早々にベストタイムを出し、続いて残る1セットのフレッシュタイヤも使って再度アタックを試みた。しかし予選が終わってみると、#23 Zは0.2秒差の総合11位、#22 Zは同13位となり、スーパーラップ進出を逃した。重いシャシーに苦しむ#12 Zも総合15位に終わった。

 また、#24 Zは8番手タイムを出してスーパーラップ進出を確定。#3 Zは、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラがタイムアタックに挑み、9番手でスーパーラップに進むこととなった。

 午後のツインリンクもてぎは、曇り空ながら蒸すような暑さであった。予選1回目に11位以下であった「XANAVI NISMO Z」(#23)、「MOTUL AUTECH Z」(#22)、「カルソニック インパルZ」の3台は、公式予選2回目の15分間の走行時間を精力的に走り込み、決勝レースに向けたセットアップを進めた。1回目の予選でタイムが伸びなかった#23 Zは、セッティングを少し変更。燃料タンク満タンでレースを想定した周回タイムは午前のタイムよりも約1秒速く、セットアップの方向が正しいことを証明した。

 午後3時30分。いよいよスーパーラップがスタートした。Z勢は2番目に「イエローハットYMSトミカZ」(#3)がアタックを開始した。ドライバーはジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ。しかし、午前中の予選タイムを約1秒下回るタイムで予選10位の位置が確定。「彼は(計測ラップの)3周目にベストグリップが発生するようなタイヤの使い方がまだうまくない」と長谷見昌弘監督も不満の様子であった。

 続く3番目に#24 Zの柳田がスタートした。コース幅をいっぱいに使って攻め上げインカットで砂煙を上げるほどプッシュしたが、タイムは延びず、9番手タイムであった。

 ◆上記の詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
 http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/index.html

Text: NISMO



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース