Archives

  • [—]2019 (182)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第2戦鈴鹿クラブマン 石坂瑞基がポールトゥウィン!

sfj_r02_r_32 sfj_r02_r_60 sfj_r02_r_7 sfj_r02_r_podium

S-FJの予選と決勝レースが3月31日(日)、鈴鹿サーキットで行われた。

 公式予選は直前に大粒の雨が降り、全車が緊張の中、予選のアタックに入り、開幕戦で2位の表彰台を獲得した、石坂瑞基が初のPPを獲得した。2番手には飯田有希、3番手には佐藤駿介が入った。

PPを獲得した石坂瑞基のコメント「予選は雨でしたが、セッティングが合っていてドライブの様な感覚でタイムを刻みPPを獲得出来ました」

午後からの決勝レースはほぼドライコンディションとなり全車スリックタイヤで14周のレースがスタートした。

レース中は石坂瑞稀と飯田有希の2台が他車より1秒速いペースで周回し、FLをお互いに出し合うレースの展開になり、飯田も最後まで石坂について行ったが、石坂がコンマ2秒差で初優勝、2位には惜しくも飯田が入った。

 3位争いは激しいレースが繰り広げられ大宮嘉信が3位表彰台を獲得した。7番手スタートの嶋田誠はスタートでフロントウイングを痛めた状態でレースをし、最終ラップに4位上がりチェッカーを受けた。

優勝した石坂瑞稀のコメント「飯田選手が速くてずっと後ろにいて本当に大変なレースでした。最後も危ない場面はありましたが押さえて優勝できました」

2位に入った飯田有希のコメント「少しずつドライになって行くレースで様子を見ながら、石坂選手について行ったのですが、抜けなくて悔しいレースでした」

Text: Nobumitsu OHTAKE
Photo: Mmotorsports Forum
Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース