Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久第7戦SUGO/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ


(C)NISMO

スーパー耐久シリーズ第7戦
SUGOスーパー耐久レース
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:2002年10月5日-6日
■開催場所:スポーツランドSUGO
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■エンドレスアドバンGT-Rが今季5勝目!!
   チャンピオン決定は最終戦に持ち越し

S耐第7戦はスポーツランドSUGOで開催され、39台の車両が参加。ニッサン車は、ク
ラス1に3台のスカイラインGT-R、クラス3に2台のシルビアがエントリーした。今回
クラス1では、ポイントリーダーの#3エンドレスアドバンGT-Rが優勝して、#1FAL
KEN☆GT-Rがリタイアを喫すると#3GT-Rのチャンピオンが決定するという、#1に
とっては落とせないレースだ。

5日に行われた公式予選では#3GT-Rと#1GT-Rがほぼ同時にコースインしてタイム
アタック。#3GT-Rの木下みつひろはコースレコードとなる1分28秒861のタイムを
マークしてポールポジションを獲得。2位が#1GT-R、クラス3位/総合4位に#19KMC
ダンロップGT-R・EDがつけた。クラス3では、#48アイエーテックTARGET(シルビア)
が6位、#85ERG・RACING・TEAM(シルビア)が7位だった。

決勝日は朝から雲がかかり肌寒かったが、朝から2万8600人の熱心なファンが詰め
掛けた。12時38分に135周の決勝レースがスタート。
1周目からトップの2台はテールtoノーズで、メインストレートでは並んで通過。
この時#1GT-Rの田中哲也がわずかに先に通過し、次の1コーナーで前に出た。2台
は0.7~1.5秒の差で周回していたが、#3GT-Rの木下が9周目でトップを奪回。周回
遅れが絡み始めるとその差は徐々に開き、#3GT-Rの独走状態に。また#19GT-Rは
20周目ぐらいから左リヤのドライブシャフトにトラブルを抱えピットイン。

45周で#3GT-R、#1GT-Rがピットイン。それぞれ青木孝行、竹内浩典に交代する。
中盤も2台の差は徐々に広がり、後半は雨が落ちてきたり霧が掛かってきたが、大
きなトラブルもなく#3GT-Rが1分以上の差をつけて今季5勝目を飾った。これで#3
GT-Rは134点、#1GT-Rは123点となり、最終戦富士で#3GT-Rが完走すればチャンピ
オン決定となる。また#1GT-Rは、#3GT-Rがもしリタイアした場合3位以上となれ
ば、逆転で6年連続のチャンピオンとなる。なお#19GT-Rは、トップから10周遅れ
ながらクラス3位(総合22位)でゴールした。

いっぽうクラス3では、#85シルビアがスタート直後の9周で、ミッショントラブル
のためにリタイア。また#48シルビアはクラス5位を走行していた終盤、あと数周
でチェッカーという時点で、キルスイッチとアースがショートして出火したため、
コースサイドに車両を停めて消火。そのままリタイアとなった。

■木下みつひろ選手
「最初は(#1GT-Rが)速くて焦りました(笑)。でも後ろから冷静に見ていたら徐々
に走行が苦しそうになってきたので、チャンスを見計らって抜き返しました。前回、
トラブルに見舞われたのでスタートするまでは非常にナーバスになっていたんです
が、何の問題もなかったです。最終戦は勝ってチャンピオンを決めたいです」

■決勝結果
Pos.--Cls--Cls Pos.  Machine  Lap  Driver
1--1--1  エンドレスアドバンGT-R(日産スカイラインGT-R/BNR34) 135
         木下 みつひろ/青木 孝行
2--1--2  FALKEN☆GT-R(日産スカイラインGT-R/BNR34) 135
         竹内 浩典/田中 哲也
3--3--1  FORTUNE科芸専RX-7(マツダRX-7/FD3S)  131
         大井 貴之/山下 潤一郎/加藤 雅也
4--2--1  アイフェルダンロップインプレッサ(スバルインプレッサ/GDB) 131
         吉田 寿博/清水 和夫
5--2--2  RSオガワADVANランサー(三菱ランサーエボ VI/CT9A) 131
         小川日出生/福山 英朗/伊藤 勝一
6--N+-1  5ZIGEN INTEGRA(ホンダインテグラ/DC5)  131
         服部 尚貴/道上  龍
7--3--2  BP ADVAN NSX(ホンダNSX/NA2)  131
         古橋  譲/玉本 秀幸/小林 正吾
8--3--3  C-WESTアドバンRX-7(マツダRX7/FD3S)  130
         尾本 直史/長島 正明
9--3--4  イエローハットRX-7(マツダRX-7/FD3S)   130
         小松 一臣/入口 秀輝/千原  誠
10--4--1 SPOON S2000 ED(ホンダS2000/AP1)  130
         小幡  栄/竹中 正信

上記の詳細情報は「NISMO official web site」をご覧下さい。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース