Archives

  • [—]2020 (195)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

skill speed report9/7



☆☆ SKILL SPEED ☆☆
☆☆☆ F3 REPORT ☆☆☆
****全日本F3選手権第7戦****
      決勝レース
場所:西仙台ハイランドレースウェイ/宮城県
日時:9月7日  天候:曇り(路面/セミウエット)

ペースカーが2度入る乱戦。
伊藤大輔、決勝7位。

 とても微妙なコンディションの中、決勝レースは始まった。雨は降ってはい
ないが、昨夜からの雨が路面をしっとりと濡らしていた。予選日とコンディシ
ョンが異なることから、スタート前に15分間のウォームアップの時間が設けら
れた。雨は時々パラッと降るが、全車が走り出してしまえば、すぐに乾きそう
な状況。ドライで行くかウエットで行くか、ぎりぎりまで悩まされた。結局、
ほとんどのチームと同様スリックを選択した。伊藤にとって、序盤のまだ濡れ
たコースでどれくらい踏ん張れるかが、まず最初の仕事だ。
 スタートはやや出遅れたものの、混乱をうまくくぐり抜け、序盤戦は5番手
付近から上位陣を追った。しかし、伊藤はなかなかペースを上げることができ
ず、苦戦を強いられる。レース中2回もペースカーが導入され、前とのギャッ
プを埋めるチャンスもあったが、終盤に徳田選手に抜かれ、7番手に転落。一
時はテール・ツー・ノーズ状態まで追いつめたが、抜くまでには至らず、7位
でチェッカーとなってしまった。

伊藤大輔のコメント
「濡れた路面の中で、自分のペースをつかむことができずにレースが終わって
しまった。自分自身が情けなくて・・・。ウェット路面での経験が足りないと
いうのも事実ですが、そんなことは当然言い訳にもなりません。この週末はい
ろいろな面で反省すべき点が多かった。次のレースでは、きちんと結果を出す
レースをします。」


*************************************************************************
      1997年全日本F3選手権シリーズ第7戦 西仙台ハイランドレースウェイ
                          決勝レース暫定結果表                        
1997.09.07 天候 : 曇り       コース状況 : セミウエット         
*************************************************************************
位車番ドライバー         車     名                所要時間/トップ差 ベストラップ 
---------------------------------------------------------------------------
 1  7 トム コロネル (NE)       TOM'S F397                   46'37.090  1'45.116
 2 14 セバスチャン マルティノ (RA) TOMEI SPORT OPEL                 4.289  1'45.659
 3  9 清水 剛 (J)        Three Bond GO                   25.911  1'46.713
 4 20 加藤 寛規 (J)   ステラwithパル F397             28.798  1'46.584
 5  4 ミカエル サンタビルタ (SF)  MONTANAダラーラ 三菱            29.479  1'46.669
 6 38 徳田 照幸 (J)      KDSダラーラ トリイトヨタ        30.393  1'46.586
 7 77 伊藤 大輔 (J)      SEVモデューロ無限ホンダ         31.129  1'46.611
 8 25 長島 正興 (J)      メガネスーパーナンシンF397      50.947  1'47.822
 9 18 平野 功 (J)        イエローハット397ラム&トス    1'03.238  1'48.351 
10 65 山口 大陸 (J)      SRS-FスカラシップF3             1LAP    1'49.475
11 53 五味 康隆 (J)      芙蓉実業 ダラーラF397           1LAP    1'56.412
12  5 内山 清史(J)       NIHON KIZAI F397                1LAP    1'57.405
-------------------------------- 以上 完走---------------------------------
    8 舘 信吾 (J)        TOM'S F397                             1'48.299
   15 藤原 靖久 (J)      TOMEI SPORT OPEL                       1'56.251
   13 海老原 茂樹 (J)    TOMEI SPORT OPEL                        2'01.055
    1 脇阪 薫一 (J)      ANABUKI 397無限                         2'10.425
    2 立川 祐路 (J)      ライアン TODA無限                       2'16.350
   16 土屋 武士 (J)      阪急交通社カリスマラリーアート          3'43.401
   33 リストヴィルタネン         5ZIGEN・DALLARA                 
    6 横山 崇 (J)        ANABUKI 396無限                 
   39 壺林 貴也 (J)      KDSダラーラ トリイトヨタ      
以上

               SKILL SPEED F3 TEAM
               深尾栄一



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース