Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 8/2


☆☆ SKILL SPEED ☆☆
☆☆☆ F3 REPORT ☆☆☆
****全日本F3選手権第6戦****
     
公式予選
場所:スポーツランドSUGO/宮城県
日時:8月1日  天候:晴れ(路面/ドライ)


伊藤大輔、ポールポジション獲得!
期待高まる、日曜日。

 午前中に行われたフリー走行で、伊藤大輔は3番手タイムをマークしてい
た。トップは脇坂選手、2番手立川選手、そして、伊藤の順。このレースウイ
ークに入って、これまで5回のセッションが行われたが、3番手以下に落ちた
のは、このセッションが初めてだ。ライバルたちのタイヤ状況は把握し切れて
いないが、伊藤の状況を考えると、1分21秒480というタイムはリーズナブルな
もの。脇坂選手がマークした1分20秒972というタイムは伊藤には見えていた。
トム・コロネルがいない予選だからこそ、勝たないといけないという気持ち
が、伊藤の中で強くなっていた。
 そんな中で迎えた予選セッション。気温33度、路面温度37度という過酷なコ
ンディションの中で行われた。予選をリードしたのは、1分21秒069というベス
トタイムをマークした立川選手。立川選手とほぼ同時にアタックにはいったい
等も、まずは21秒380で3番手につける。しかし、そこから21秒台をマークす
るもののあともう一つ決定的なタイムを出すことができない。ラスト10分に
は、館選手、歌川選手、そして、脇坂選手が伊藤との間に割って入り、一気に
5番手までドロップしてしまった。伊藤は、その後21秒199をマークするが、
それでも4番手。とてもシビアな予選セッションとなっていった。そこで、チ
ームでは最後のアタックにかけるために、伊藤をピットに呼び戻す。左側のタ
イヤを前後とも交換し、ラスト5分というところで彼をコースに送りだした。

 そして、ラスト3分、ピットアウトラップを終え、最後のアタックに入った
伊藤が最終コーナーの急勾配を全力で立ち上がりコントロールラインを通過。
その瞬間、モニターのゼッケン77がポンとトップに駆け上がった。1分20秒
747。後続を一気に引き離すポールポジションタイムを叩き出した。

「素直にポールポジションはうれしいです。本当にチームや関係者の方々に感
謝しています。最後はなかなか前にでられなくてつらかった。あの一周は、も
うあとのことを考えずに全力で走った。明日の決勝レースは、“今度こそ”決
めたいですね。」と伊藤。昨年のスキルスピードのフォーミュラトヨタ以来、
2年連続でSUGOでポールを決めた。ちなみに、今回、スキルスピードはフォー
ミュラトヨタにも参戦しているが、そちらもポールを獲得している。

********************************************************************

     1997年全日本F3選手権シリーズ第6戦 スポーツランドSUGO           
                         公式予選暫定結果表                         
1997.08.02 天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         
********************************************************************
位車番ドライバー         車     名                      ベストラップ 
--------------------------------------------------------------------
 1 77 伊藤 大輔 (J)      SEVモデューロ無限ホンダ        1'20.747
 2  2 立川 祐路 (J)      ライアン TODA無限              1'21.069
 3  8 舘 信吾 (J)        TOM'S F397                     1'21.111
 4 12 歌川 拓   (J)    Dallara F396/Toyota            1'21.116
 5  1 脇阪 薫一 (J)      ANABUKI 397無限                1'21.221
 6 14 セバスチャン マルティノ (RA) TOMEI SPORT OPEL               1'21.362
 7 64 西 翼 (J)          SRS-FスカラシップF3            1'21.477
 8  9 清水 剛 (J)        Three Bond GO                  1'21.512
 9 38 徳田 照幸 (J)      KDSダラーラ トリイトヨタ       1'21.714
10  6 横山 崇 (J)        ANABUKI 396無限                1'21.763
11 16 土屋 武士 (J)      阪急交通社カリスマラリーアート 1'21.845
12  4 ミカエル サンタビルタ (SF)  MONTANAダラーラ 三菱           1'21.846
13 20 加藤 寛規 (J)   ステラwithパル F397            1'21.859
14 32 密山 祥吾 (J)      BP・オートスポーツ・F397       1'22.132
15 33 来嶋 真也 (J)      5ZIGEN・DALLARA                1'22.292
16 18 平野 功 (J)        イエローハット397ラム&トス     1'22.442
17 25 長島 正興 (J)      メガネスーパーナンシンF397     1'22.714
18 15 藤原 靖久 (J)      TOMEI SPORT OPEL               1'22.975
19 13 海老原 茂樹 (J)      TOMEI SPORT OPEL             1'23.606
20 65 山口 大陸 (J)      SRS-FスカラシップF3            1'23.636
21 53 五味 康隆 (J)      芙蓉実業 ダラーラF397          1'31.082

以上

          SKILL SPEED F3 TEAM
          深尾栄一


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース