Archives

  • [—]2019 (407)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 7/6



☆☆ SKILL SPEED ☆☆
☆☆☆ F3 REPORT ☆☆☆

****全日本F3選手権第5戦****
決勝レース
場所:鈴鹿サーキット/三重県
日時:7月6日
天候:晴れ(路面/ドライ)

伊藤大輔
痛恨のスタートミス。
最後尾から猛追も、14位。

 今回から、チームをバックアップしてくれているセブインターナショナルの
キャンペーンガールが登場し、グリッド上が華やかになった。伊藤大輔(SEV
モデューロ無限ホンダF397)のグリッドは、アウト側2列目。宿敵コロネル選
手、立川選手はすぐ目の間。前線の雪辱をはらすべく、伊藤とチームは気合い
十分であった。
 シグナルがグリーンに変わり、各車一斉にスタート。伊藤にとってはここ2
戦スタートをしくじっており、このスタートの瞬間は鬼門だ。そのプレッシャ
ーからか、伊藤は三たびスタートをしくじる。鈴鹿のメインストレートが下り
となっているのがせめてものすくいだった。ストールした伊藤のエンジンは、
惰性でマシンが動いたときに息を吹き返し、そのままリタイアということにな
らずに済んだ。
 しかし、ポジションは3番手から一気にほぼ最後尾までドロップしてしまっ
た。中団グループよりも約1秒は速いペースで伊藤は追撃。レースが折り返す
時点では、13番手まで這いあがるが、スプーンで目の前の河野選手がハーフ
スピンするのを避けようとして、伊藤はたまらずスピン。14位でチェッカー
となった。

伊藤大輔のコメント
「せっかくのグリッドをまたスタートで台無しにしてしまいました。その後
は、中団グループのペースに押し込まれてしまい、リズムをつくることができ
ないままレースが終わってしまいました。応援してくれた方々には本当に申し
訳なく思っています。」

                        SKILL SPEED F3 TEAM
                                       深尾栄一



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース