Archives

  • [—]2019 (427)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 7/5


☆☆ SKILL SPEED ☆☆
☆☆☆ F3 REPORT ☆☆☆

****全日本F3選手権第5戦****
公式予選
場所:鈴鹿サーキット/三重県
日時:7月5日
天候:晴れ(路面/ドライ)

伊藤大輔
気合い入れすぎて、スピンも、
予選3位の好位置につける。

 前日に続き、快晴に恵まれた土曜日、午前に公式練習、午後に公式予選が行
われた。午前の公式練習開始早々に伊藤大輔のフロントカウルがゆるむという
ハプニングが発生。カウルが完全にはずれてしまわないようにスロー走行でピ
ットに戻ってきた。カウルには特に問題はなく、すぐ走行を開始したが、路面
コンディションが前日と比べ悪化してしまっていたことから、スピン、コース
アウトするドライバーが続出。満足にクリアラップをとれないまま、セッショ
ンは終了してしまった。順位は5番手にとどまったが、マシンのフィーリング
自体には問題がないと伊藤はコメント。
 午後の予選は、30分間行われるが、伊藤は10分ほどウエイティングして
から、アタックに出ていった。コースは、午前中よりはベターコンディショ
ン。ライバルたちも次々とタイムをあげてきた。そんな中で、伊藤は3周目の
シケインでスピン。サンドトラップに捕まることなくコース上にとどまり、即
座に復帰するが大きくタイムロス。本格的なアタックには、10分ほどしか時
間は残されていなかった。5周目、伊藤は2分02秒台後半をマークし、トッ
プ10圏内にようやく浮上。そして6周目、2分02秒488をマークし、3
番手にジャンプアップ。さらにアタックを続けた伊藤だったが、アタック中に
前車に引っかかってしまい、タイム・ロス。結局、6周目のタイムがベストと
なり、3番手で予選を終えた。

伊藤大輔のコメント
「これから!!って気合いを入れたら、少し入れすぎてしまったみたいで、シ
ケインでスピンしてしまった。このアタック前のスピンがすべてでした。3番
手にあがり、最後のアタックに賭けたのですが、前のマシンにつまってしまい
タイムをあげることができませんでした。今回もフロントロウを狙っていただ
けに、自分のミスに、頭、来ています。でも、明日の決勝レースでは、まだチ
ャンスがあるので、前回よりもさらに上のポジションを狙って精一杯がんばり
ます。」


                        SKILL SPEED F3 TEAM
                                       深尾栄一



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース